2020年09月22日

【誕生日】響リョウ脚本家別考察スペシャル【おめ】

体調はぼちぼち回復してきてるんですが、あつ森が忙し…もとい諸処手が回らず企画を練る余裕がなかったので(正直5回目ともなるとネタ出しが苦しくもあり)、モーリーでやった脚本家別のリョウ分析です。アニスでやった作監別もちょっと考えたんですが、主人公とはいえ男キャラでやっても女性ファンしか楽しくないかもなあ…と思い、テキストの合間に挟む形にしました。
ぶっちゃけ、リョウは13話と22話と最終回を押さえればキャラの全容が見えると云っていいぐらい、この三本が響リョウという主人公を描き切ってるンですが、それ云ったら今回の記事が終わってしまうので、誕生日だし語れるだけ語ってみようかと。モーリー特集同様、脚本家及び作監陣の名前は敬称略とさせていただきます。

qts12 3.jpg

【池田好美】とにかくリョウがギャルい。


【岸間信明】

岸間氏と云えば神回22話で「教師でありヒーローであり周囲に目配りできる好青年でもある」という多角的な面からリョウを描き切るという、園田&会川両氏もできなかった離れ技を成した方です。が、1クール目は夏目想太郎の設定にかなり引っ張られた形跡があり、3話で遅刻を責められて弁明する場面や、9話で水上バイクを乱堂と共にカスタム中にドタバタする姿にそれは見て取れます。夏目想太郎から脱却したのは12話で、シンジを心配する子供たちを優しくなだめたり、シンジに疑惑を持たれたアニスに助け船を出したりと、自己主張より周囲の人々の思いを優先する青年としてリョウを据え、この流れが直結した13話で(岸間&会川氏的には)キャラクターがほぼ確定した印象です。脚本家陣ではいち早く「脱・想太郎」に切り替えた方で、おそらく根岸監督の意向を重視するようになったんでしょう。
2クール目以降はほとんどやんちゃしなくなり、安心して見ていられる主人公となりますが、そこが物足りないと感じた視聴者も多かったかも知れないですね。少なくとも「JJの踏襲」を期待していた向きには肩透かしだったかも。
岸間氏の場合、後半に行くほどリョウの「空気を読む」面を重視していったせいか、ヒーローとしての存在感はちょっと薄くなったかも知れません。リョウだけでなく、キャラに関しては22話で全部やり切ってしまい、以降は根岸監督が考えるストーリー構成ありきで脚本を仕上げていったのかしら。終盤はメモリー以外のキャラの掘り下げはほとんどされなくなっちゃったんで。

qts13 5.jpg

【松尾慎】カッコいいに全振り。


【会川昇】

13話で、響リョウという主人公の方向性をほぼ決めてしまった方ではないでしょうか。13話以前は夏目想太郎の範囲でしたが、それだと動かしづらかったのか(テーマが見えず苦慮した時期に書かれたという)、10話は本来なら主人公の行動であるはずの「身を挺してシロウ君を救出する」役割をチャックが担ってました。13話は「リョウたちの過去を(ダストジードと絡めて)描きたい」会川氏の想いが込められた回で、そこを描いた上でないと響リョウが掴めなかったんでしょう。それ以降から岸間リョウ同様の好青年路線となり、チャックと喧嘩してもすぐに反省したり(16話)、メモリーのえっちなお誘いを期待したり(19話)と、リョウのキャラの幅を広げたのも会川氏だと思います。
13話から16話の流れを見ると、「妖魔に夢を砕れた」という怒りと、だからこそ子供たちの夢を守りたいという信念をリョウの芯にすることが、会川氏にとって重要だったと思われます。根岸監督は「メモリーの信念」が最優先、園田氏は先ず3人の教師と子供たちの交流を描きたかったと思われるので、会川氏がいなかったらリョウの性格付けはしばらく迷走したかも知れません。監督からもシリーズ構成者からも二の次にされていたことが、ここに窺えるのがちょっと哀しいですけど。

qts08 8.jpg

【野中みゆき】とにかくモミアゲ。


【園田英樹】

わざわざ三番目にした理由はお察しだと思いますが、自身が創造した初期主人公の夏目想太郎にこだわり続け、響リョウとなかなか向かい合わなかったが故に、岸間&会川氏のキャラメイクに同調しなかったのが園田氏です。13話の会川氏、22話の岸間氏のような、リョウの決定版的なエピソードがないことがそれを物語ってます。28話はアニスメイン、34話はダストジードとメモリーの因縁の決着が中心で、リョウは終始影が薄かったし。
園田氏がどういう主人公にしたかったのかは、11話がいちばん分かりやすい気がします。チャックにからかわれてぐぬぬしてケンカを吹っ掛け、アニスやメモリーに叱られ子供たちからも下に見られがち。でもやる時にはやる。この「やる時にはやる」の部分がイマイチなんですよ。これ、おそらく園田氏は、クロノスのロム兄さんのような外連味とセットの口上をボーグマンにやらせたかった(初期設定と7話クライマックスのアニスでそれは窺えます)のに、それが成せなかったのが理由じゃないかと。たぶん根岸監督がやりたくなかったんでしょう。
クロノストークショーでもそれっぽいことは漏らしてましたし、根岸監督もインタビューで明かしていたことですが、園田氏が手掛けた脚本回は絵コンテでかなり変えられていたんじゃないでしょうか。重箱の隅レベルですけど、単細胞かと思ったらBパートで好青年の顔になったりと、あれ? と思うことが多いのは大抵園田脚本なので。
園田脚本のリョウのいい話と云えば20話ですが、アニメ誌のあらすじでは「迂闊な言葉でサオリちゃんを期待させてしまい、困ってメモリーを頼った(意訳)」とあり、これも夏目想太郎前提で考えていたエピをそのまま脚本に起こして、演出で変えられた可能性を疑ってしまいます。何と云うか、想太郎はノリの軽いお調子者でリョウでもそこを変えずにいて、絵コンテや演出で想太郎のエッセンスを削られたり抑えられたりで調整されてたんじゃないかと。園田氏的には響リョウは「ロムの下位互換」で、物足りない主人公だったのかも知れませんなあ。
それで済めば分からんこともなかったんですが(夏目想太郎がリョウ以上の主人公になれたとは微塵も思えませんけど)、アニスに入れ込み始めた後の冷遇と、露骨なりょあに否定だけはやっぱりいただけませんなあ。これがなかったらもうちょっと同情できたのに。多分。

qts35 4.jpg

【本橋秀之】世界一かっちょいいメット割れからのカウンター。


【根岸弘】

最終回のみ監督が脚本を手掛けられましたが、ブルーレイBOXのインタビューによると、打ち切りが決定し全35話になると決まった時点で申し出られたそうです。本来なら園田氏の予定だったんでしょうね。監督がボーグマンをどういう物語にしたかったのかは、最終回と総集編の31話で明らかにされてます。園田氏との認識のズレが明確になってて興味深いんですが、これは別の機会に。
シンジとの最後の会話で、リョウの教師としての成長が描かれたのですが、リョウの“説得”は会川脚本の29話がベースになっており、監督的にもリョウは会川氏の解釈を是とした主人公だったと思われます。妖魔王との最終決戦を前に、悲壮感を見せずに「さあ行こうか」と笑顔で変身して怯まず最後まで立ち向かう姿を描き切り、主人公としてヒーローとして最高の見せ場を用意していたのが素晴らしいです。シンジだけは許しがたいですけど。
脚本ではないですが、FOREVERの演出で「戦いを離れたらシャイな普通の青年」とリョウを解釈していたことが窺えます。

そういうカンジのリョウ誕でした。もうちょっと練り込みたかったんですがこれが精一杯でした(´・ω・`)もっと回復したら補足したいです。
posted by はらよしかず at 18:18| Comment(3) | ボーグマン

2020年09月01日

【お察しの】クロ逆トークショーアーカイブ視聴【範囲】

nt-reina.jpg


16話感想をやる気でいたんですが、先日あのシネマノヴェチェントで開催されたクロノスの大逆襲上映会&トークショーの、トーク部分のみの動画が有料配信されたことを知り、迷った挙句に視聴期限ギリギリで手数料込み2830円払って視聴しました。結論から云いますと2830円分の価値はありました。良くも悪くも。この出費のお陰でやっと買えたスイッチライトのソフトの購入選択肢が更に狭まる羽目になりましたけど後悔はない。
また画像ナシネタなので、だいぶ前にスキャンしてPCに取り込んだままにしていたぬーたいぷの記事から。年寄りだけが使い道を知っている綴じ込み付録。何月号のだったっけ…(駄目すぎる)。

以下はトークショーで語られた内容を下にした、剣狼を含めた考察との答え合わせとなりますが「有料」配信の意味を踏まえ、トークの詳細を記すことは控えます。2830円だし。ただボーグマンの時と異なり、ツイッターでイベントの感想を呟くのは(程度はあると思うのですが)OKと動画の最後で明言されていたので、検索して出てきた感想TLを物差しに書いていきます。万が一差し障りがあるようなら記事は削除します。

ゲストはトーク第一部が羽原信義・大張正己・園田英樹氏の3名で作画の話題がメイン、第二部が園田英樹&室賀厚氏の二名で文芸方面の話題が中心。羽原&大張氏のトーク内容に関しては、以前紹介したこの本とかなり被っているので、動画を見逃した方にこちらをおススメします。既にこれを読んでいたお陰で、話の飲み込みがスムーズに行きました。(画像クリックでアマゾンのページに飛びます)



お二人はトークお上手で驚いた次第。特に大張氏はなかなかのイケボそして発音も明瞭と、インタビューの文字起こしが楽そうだと思いました(元ライター目線)。
とにかくも、当時の葦プロが大味かつ上層部が外道だったのは嫌というほど察しました。まあAICも平野監督を過労死させる気だったのかという位こき使ってましたし、だいたい当時のアニメ会社なんてそんなモンだったようで。しかしタツノコのウラシマン班は優遇されていたと、前述の書籍で平野監督が語っておられましたね。その監督は畑に建てられたプレハブ小屋で寝ておられたそうですが。
話がそれましたが、第二部参加の室賀氏も話術が達者で面白かったです。ディオンドラが唐突にツンデレた回の方か…。

話を窺った限りでは、葦プロはアニメーターが死んでも納品が間に合えばすべて良し! と思っていたんだろうかと疑うような無茶振りをしながらも、仕事そのものは現場にぶん投げ…もとい自主性に任せ、あまり口出しをしなかった。クロノスは「いいんじゃない面白ければ」「時間ないしもうそれでレッツラゴー!」といったライブ感で成り立っていった作品であると知りました。2年で劇的に変わる訳ないし、たぶんボーグマンでもそのまんまだったんだろうなと。
なんとなくですが、葦プロと園田氏がその場の勢い任せでエンジョーイアンドエキサイティング! だったのに対して、根岸監督は真面目すぎたのかなあと思いました。だからこそ「メモリー・ジーンという母性に抱かれた都市の物語」が貫かれ、かろうじて地に足の着いた作品になったんでしょうけど。園田氏主導だったら、途中からメモリーが空気になってエスパーサイボーグになったボーグマンたちと妖魔がすっごい戦争はじめたけど風呂敷が畳み切れなくなったよメンゴメンゴ! 続きはアニス主役のOAVで! な素っ頓狂な作品になりかねなかったんじゃないでしょうか。
羽原氏のトークで吉田監督のスタンスが判明したお陰で、ちょっとだけすっきりしました。クロノスの制作に関しては、若手スタッフの育成が念頭にあったのかな。

で、参加者の質問のお陰で、剣狼伝説3でのロム兄さんの「あの」扱いが話題に上がったのですが、ああいうイベントに参加するようなコアなファンの間でもずっと謎だったのかと驚きました。円盤BOX関係のライナーノーツでちょろっとでも吐露してたんじゃないかと思ってたんですが、ずーっと沈黙してて現在に至ってたのか。

【剣狼伝説3】OSTライナーノーツ【寄稿文】

以前アップした剣狼考察ですが、結論から云いますとだいたい合ってました。書きながら的外れであって欲しいと思ってたんですけどね…。いっこ訂正するなら、最後のロム&ガルディとレイナの会話は羽原氏が追加したそうです。園田氏はああいう救済措置(?)は考えてなかった模様。
質問に対する園田氏のリアクション及び返答は、あのトークショーの肝のひとつなのでお察し下さいレベルのことしか書けませんが、憤り以上に、「作り手」と「受け手」の温度差を痛感しました。キャラに対する考え方が根本から違うので、ファンがどれだけ「ロムの死」を嘆いても園田氏にはそれが理解できず、隔靴掻痒にしかならなかったんでしょう。それぐらい斜め真っ逆さまな反応をされたということで。あの場にいた方々一瞬「えっ?」となってましたよねアレ。

割と腑に落ちてしまった理由に、園田氏はヤマト及びガンダムをはじめとする富野作品の洗礼をバッチリ受けた世代で、スタッフが作品の成立のために、登場人物の生殺与奪の権利をばしばし行使していた「当時のアニメ作品事情」があります。富野アニメは云うまでもないし、ヤマトなんて完結編で話題作りのためだけに沖田艦長が復活し、島大介は西崎Pに殺されたことを考えると(どう考えてもストーリー上で島が死ぬ理由はまったくないんですよね)、少なくとも80年代まではまだ「非実在キャラクターの人生」が軽かった時代でしょう。90年代アニメのナディアのフェイトさんのエピソードは、そういった「80年代の空気」を逆手に取った演出だったのかと今思いました。

園田氏にとってロムの死は、「妹であり愛する女性でもあるレイナを守り抜き、すべてを彼女に託してこの世を去っていく」というヒーローの“熱く尊い終焉”であり、それ以外に「剣狼伝説」の幕を引く術はなかった。それ以上でもそれ以下でもない行いであり、なぜファンが自分が決めた“たかが”アニメのキャラの死をそんなに怒り嘆くのかと困惑し、羽原氏にフォローを任せて沈黙したんじゃないでしょうか。

ボーグマンも「メモリーの死」は確かに物議を醸しました。メモリー考察でも書きましたが、メモリーの場合は根岸監督が「それを以て終わらせる」つもりで終盤の物語を構築し直し、彼女自身もレミニスの下に行くことで背負った業から解放されたという描き方をしていた訳で、根岸監督の「覚悟」は伝わるものだったと思います。ある程度の非難は想定済みだったんじゃないかと。
どう見てもレイナたんペロペロしたいお! だけの行き当たりばったりをやった挙句、唐突にレイナを宇宙最強のソルジャーヒロインとして君臨させるために、すべてを「…げる」した剣狼にそういった「覚悟」は果たしてあったんでしょうか。
個人の体感ですけど、無印セーラームーンのクライマックスのセーラー戦士の退場劇辺りから、業界がキャラの生死に関して慎重になっていった気がします。

しかし園田氏が後年「ロムの死」を反省しなかったのかと云えばそうでもなかったようで、ライジンオー“以前”の仕事は「若気の至り」だった旨を述べておられたし(拗らせたファンからエライ目にも遭ったとか)、謝罪らしき言葉もあったので、もう初老のおじちゃん突いても仕方ないんじゃないかな…。というか、クロノスの時はまだ二十代半ばだったそうで(30手前と勘違いしてました)、そんなに若かったのならボーグマンでも夏目想太郎や後半でのアニスへの執心等も、若気の至りで納得できる…かな…(ちょっと無理かも)。
あと、意外なことに(これは書いちゃっても大丈夫だと思うんですが)園田氏はライジンオーまで、子供を意識した作品作りをしてなかったそうです。妖魔の設定などのザルな部分は、「子供には難しいからやらない」ではなく、「主人公が夏目想太郎ではなくなったのでやれない(やりたくない)」だったのかしらね。演出陣に対するわだかまり等、たぶんボーグマンでもそうだったんだろうなと思われる内部事情語りも少しだけありました。やっぱり根岸監督への不満は相当あったんじゃないでしょうかね。

もう何べんも書いてきたことですが、改めて本編の途中で、園田氏からボーグマンを取り上げた根岸監督の判断は正しかったと確信しました。前述の通りキャラの扱いが軽かった上に、あの頃の自分はどうかしてました(意訳)な反省の弁まで飛び出すぐらいにジャイアンメンタルだったのなら、もし根岸監督がアニスを園田氏に譲渡していたらリョウは間違いなく酷い目に遭っていたでしょう。アニスがぼっくんの分身の篠田君(仮名)と素敵な恋をするために死んでくれ、と悪い意味で第二のロム化していたか、そこまででなくとも「園田ヒロイン」としてのアニスを輝かせるための道化にされてたか。とにかくリョウの冷遇は待ったなしだったと断言できます。
トークで垣間見えた当時のレイナへの思い入れから、各雑誌のアニス特集でのアニス語りは、各誌の編集部補正なしのガチだったんだろうなと。アニスはレイナに続くレイナ以上の「セカンド園田ヒロイン」だったはずだし。同時にリョウに対するコメントがぞんざいになっていったのがいただけないんですよ。あれもガチだったと思うとゾっとします。

まあ、園田氏の年齢相応の語りからして、もう自分からレイナやアニスに関わったりしないんじゃないかと思いました。レイナはもう“思い出”なんだなあ…という印象だったし、最近の園田氏の舞台の仕事の傾向からしても、わざわざ二次元のヒロインを掘り起こす理由が見当たらない。ねぎし氏のラムネ再起動ぐらいの愛着とエネルギーと業界での地位がないと無理でしょう。葦プロがサンライズ並にやる気を出してお膳立てを整えれば話は別でしょうけど、絶対ないね!(涙)

長文となりましたが、喉に刺さってなかなか取れなかった魚の小骨が取れた気分にはなりました。ありがとう2830円(←
次回こそ普通にボーグマンネタで更新したいです。
posted by はらよしかず at 18:00| Comment(6) | その他アニメ