2020年12月29日

【12/27】LOVERS RAIN考察2020その2【30周年】

初っ端から謝罪です。ラバレの発売日を12/30と勘違いしてました27日でした。もう過ぎてました30周年。そんなド年末に発売してた訳がないのにorz
誰にでも思い違いはあるということで嗤って許していただきたい(何)。

さて本題。
前の記事でラバレはファンとスタッフの「お祭り」としましたが、このお祭りに乗れなかった唯一のメインスタッフが園田氏だったと断言します。そもそも、ラバレのスタッフに園田氏の名があったことは、当時から園田氏がりょあに否定派だったことを察していたわたしにとって、非常に違和感のあることでした。ですが当時は「お祭り」の勢いもあり、園田氏がやっとりょあにに向かい合う気になったんならそれで良し! で流してました。

が、年月も経ち再燃を経て更に冷静になって見直すと、村山&菊池両氏と同様、根岸監督に一矢報いるために参加しただけで、りょあにに対する愛着どころか、そもそもボーグマンに対するモチベ自体が低下してたんじゃないかと思えます。クロノスやボーグマンTVシリーズ当時の、あの御仁の雑誌媒体の露出ぶりを思うと、モチベがあったらアニメVの連載記事にちょっとでも参加していたはず。V-バージョンとFC会報のインタビューには参加されてましたが、内容にあまり触れようとしてない辺りでお察し。
それまで頑なに否定していた「リョウとアニスの恋愛関係」、夏目想太郎ほどに愛着を持てなかった「響リョウ」と否応なく向き合った結果、リョウとアニスそれぞれのキャラメイクに於いて、ラストバトルと似て異なる違和感をファンに与えることになったと思います。

lr-2020-2.jpg

lr-fc-2.jpg


園田氏のインタビュー再掲。園田氏の中にはインタビューにある「ヒロインに愛されるヒーロー」というテンプレートが既にあり、その上にリョウとアニスを乗せただけで、ロムとレイナに互換可能なぐらいにキャラは掘り下げられてません。下手したら思春期迎えた仁とマリアにも互換利くんじゃないかしら。
園田氏のこだわりが見えるのは、序盤の公園のベンチで会話するリョウ&チャックと、ラストのカップル2組&サンダーのメタネタ絡めた会話のみで、主題であるリョウとアニスの関係性は、村山監督のオーダーに応えて書き出しただけ。と勘繰るレベルで愛情が感じられません。下手したら「悩めるリョウに拒絶されても尚尽くそうとするアニス」の構図を先に考えたのは園田氏で、村山監督は制作の都合上、それに従うしかなかったんじゃないかとすら思ったりします。脚本が二転三転したというラストバトルと逆で、プロットをひとつしか出さずそのまま脚本作業に入ったんじゃないかと。

「メモリーを喪った悲しみを引きずるリョウ」「立ち止まったリョウを励ますアニス」「そこに付け込む妖魔の残党」等、パーツ自体は別にアリなんですよ。そのパーツをパチ組みしただけで、塗装どころかパテ埋めもヤスリがけもされず段差が丸見えのプラモデルのような安っぽさ。素人の手慰みならともかく、元シリーズ構成者が「商品」を手掛けてコレというのが今更ながら泣けてきます。まあ話として成立すらしてなかったライトニングトラップの100倍はマシですけど。

TVシリーズの園田脚本回、アニス主役のSSやドラマCDを思い出してみていただきたい。リョウに理不尽になじられたら、ブチギレて部屋が半壊するレベルで殴り返すのが「園田アニス」なはずで、悲しげに黙り込むなんてあり得ないでしょう。
もしかしたら、ラバレのアニスはあくまで「ラバレ専用のアニス」であり、自分が思い入れて描いてきたアニスではない。と一線を引く意図が園田氏にあったのではないか。実際その後リリースされたカセットブックでは、アニスがリョウのことなんか好きな訳ないでしょ? と云わんばかりの(ふたりのやりとりの)刺々しさ、頑なな否定しかなかった辺りに、それが感じられます。
剣狼1で、レイナは「レイナ・ストール」を演じる女優とされていたので(何でか2と3でその設定はきれいさっぱり忘れられましたが)、園田氏の脳内では、ラバレのアニスのリョウへの恋は「演技」という設定だったんじゃないかと思います。ラストシーンが終わった瞬間に、リョウをボッコボコにするアニスというエンドロールもあり得たかも知れないですね(棒)。
小説版の発売をぺろっと告知してましたが、結局出なかったのはどういう事情なんでしょうね。そこまで進んでたならモノは書き上がっていたと思うんですが。勝手な想像ですが、菊池氏のスケジュール絡みじゃないかなあ…当時の富士見書房のビジュアル最優先主義を思うと(富士見には仕事で関わったこともあるので)、菊池氏が描かなきゃ売れないから出しません(完)ぐらい余裕であり得ますし。

話を戻して。ラバレがファンに与えたいちばんの違和感は「悩めるリョウ」じゃないでしょうか。確かに立ち位置は(ハッサンの傀儡だった)ラストバトルとは比べ物にならないぐらいに「ボーグマンの主人公」として描かれていますし、菊池氏はアニス以上にリョウのヒーロー性に拘ったのではと思う位に、彼を丁寧に演出されてました。
ですが、リョウはTVシリーズでは一貫して「誰に対しても優しく人を傷つけることを嫌う」青年として描かれており、ぬこ妖魔の罠で「メモリーを救えなかった悔恨」に追い詰められていたとしても、チャックとアニスの気遣いを邪険にしたり、2人を遠ざけたりするリョウの姿にはやっぱり疑問が残ります。
最初の考察でも触れましたが、ラバレのリョウは教師でもなくヒーローでもない「ただの響リョウ」であり、そうしないとアニスとの恋を始められない。それは理解できるんですが、ラバレは最初から最後までリョウ本来の好青年な面がほとんど描かれないままで、この点に関してはラストバトルのリョウの方がまだ(ファンのイメージ的に)しっくりいくんじゃないでしょうか。

また詳しく触れたい部分ですが、「超者ライディーン」の主人公が終盤、ラバレのリョウと同じように苦悩し廃人化する下りがあり、園田氏の作劇上のこだわりというか、手癖みたいなモンだったんじゃないかと思えます。そういえば無印ポケモンでサトシがライバルのヒロシ君に敗北した後、荒れまくって気遣うカスミにも当たり散らしてオーキド博士やお母さんに窘められても頑なな態度を崩さなかった場面があったっけ…「主人公の苦悩」のバリエーションなさすぎじゃないですかね。

個人的にですが、右手に異常を感じたリョウが、それを悟られたくない一心でアニスとチャックに心にもないことを云ってしまう、それを不本意とする描写があれば印象が変わったんじゃないかしら。そういった配慮もなく(園田氏が重視したのは「アニスのリョウに対する献身」だったようですし)、演出と松本氏の演技によるフォローで、かろうじて響リョウが成り立った作品だと思います。特に松本さん、ラストバトルとラバレ、どちらもTVシリーズから微妙にブレた響リョウだったのに、声の力でファンを「説得」したのは本当に凄いと思います。

しかし何が哀しいって、ラバレは剣狼シリーズと違い、園田氏の存在はさほど重要ではなく、誰が脚本を担当しようがファンの評価は変わらなかったと断言できる点です。ラバレは「菊池通隆作監のボーグマン」であることがすべてで、リョウとアニスがどういう結ばれ方をしようが、菊池氏が関わっていれば誰もが受け入れる。それぐらい当時の菊池氏の人気と寄せられた期待は絶大なものだった。「アニスの生みの親」「ボーグマンの原作者」という自負があったはずの園田氏が、菊池氏を乗せた神輿を持ち上げる「裏方」に回された訳で、剣狼伝説等でのジャイアンぶりを思うとモチベーションがあったとは思えないンですよ。
「ライトニングトラップ」でアニスを使えなかったことも、園田氏のモチベ低下に影響しているのではと思ってますが、長くなるので別の機会に。ただ「レイナVSアニス」が園田氏主導で実現していたら、その後のボーグマンの在り方やリョウとアニスの関係は大きく変わっていたんじゃないかと思います。「アニスとレイナは園田プロダクションの女優」という後付け設定を全面に出していたら、ラバレでリョウとアニスがくっつこうがラストバトルで同棲していようが、「あれは演技です」で否定できますし。おすし。

特に云いたかったことを優先してしまいましたスミマセン。次回はラバレ良かった探しを優先します。ラストバトルよりはいっぱい褒めますヽ(´ー`)ノ
posted by はらよしかず at 20:43| Comment(3) | ボーグマン