2019年10月15日

【30周年】ここが変だよ! ラストバトル解答編その1。

さて資料も出そろいましたので、ラストバトルをぼちぼち語っていこうと思います。今までのはほんの序章です。あの程度でゆるされたと思うなよハッサン。食傷気味になると思うので、合間に別のネタも挟んでいく所存。

サイソニック学園と妖魔の概念の消去、リョウとアニスの同棲関係という設定に釣り合わない愛情描写の欠如、リョウとチャックの戦闘のサポートに留まったバルテクター、オリキャラのハッサンと火鷹が話を回すお粗末なシナリオと、ラストバトルが「ボーグマンの続編」として見ると欠陥だらけなのは今までの記事でお分かりいただけたかと思います。特にメカを中心に、続編でありながらTVシリーズの設定のほとんどをなかったことにしたのはどういうことなのか。

簡単です。根岸監督が優先したものが「三年後のメガロシティ」だからです。

ラストバトルの冒頭の仕上がりは素晴らしいです。無数に乱立するビル群、働く人々、夜の歓楽街、そして発展から取り残された、それでも逞しく生きる貧困層の人々が集うスラム街(旧グレイタウン?)。三年の間にメガロシティが歪な発展を遂げたことが伝わる描写と、合間に挟まれるオメガ誕生のカットは「この街でまた何かが起こる」という期待を高めずにいられない、魅力的な映像となっております。山ちゃんの歌もカッコいい。

lastbattle-72.jpg

lastbattle-73.jpg

lastbattle-74.jpg


が、この冒頭の空気感と、かつてこの街を守る為に戦った「(元)超音戦士」たちの描写が噛み合ってない。謎のボーグマン出現に戸惑う美姫の後、舞台がアメリカに移った途端、突然はじまったリョウとアニスの痴話喧嘩の説明不足が、それを物語っていると思います。

根岸監督が重要視したのは「メモリーが守った街のその後」であり、そこで「メモリーの遺志」を継いだリョウたちが再び何をし得るのか、だったと思うのです。
しかし、どういう訳か根岸監督はそれ以上に「街」そのものにこだわり、超音戦士だったリョウたちとその世界を、監督が設定したと思われる「三年後のメガロシティ」に見合うリアリティに落とし込んでしまった。そのリアリティは、AI搭載で喋るバイクも変形システムも奇抜なデザインのバギーも不要とし、バルテクターの機能も制限。さらには「妖魔」というオカルトな敵がいたことも伏せ、サイソニック学園も過去の遺物としてしまった。
このこだわりはヘブンズゲートの描写にも及んでおり、火鷹の案内でヘブンズゲート内を見て回るアニスのくだりでそれは分かると思います。磁力で快適に走るエアカーとか、近未来の雰囲気はいま見ても興味深いです。というか、案外リアルでまだ実現されてない気がする。

lastbattle-75.jpg


こんな風にメガロシティにはこだわったクセに、NASAの描写がいい加減なのが(ハッサンのあの蛮行を金属疲労で納得するなんてあり得ないでしょ)、ラストバトルのイラつくところです。

panhu-2.jpg

※インタビュー再掲。海上都市云々の部分にこだわりが窺えます。


本当に推論ですが、ラストバトルは元々「アフリカで教師をしているリョウとアニス」の心のすれ違い、そこに付け込みアニスに接近する火鷹、という恋愛要素中心で途中まで制作が進行。しかしシナリオが没となり、二転三転した挙句、最初は影も形もなかったNASAスタートの(急造?)シナリオが決定稿となった。その過程で根岸監督はラブストーリーを諦め、「三年後のメガロシティ」、そしてメモリー(の遺志を受け継ぐアニス)に自分を認めさせるために狂気に走った火鷹の在り方に照準を絞ったのではないでしょうか。もしかしたら、根岸監督が自由にこだわれた要素がそこだけだったのかも知れません。
火鷹の信念はあくまで「サイボーグとは人類の進化の鍵」にあり、TVシリーズの設定がひっくり返されたのは、「火鷹を基準とした科学力」にリアリティを持たせたかったと推察。転送装置もラストバトル的にはロストテクノロジーにしちゃったみたいですし。

結局、根岸監督がラストバトルで何よりも誠実であろうとしたのはファンでもリョウたちでもなく、監督の中の“メモリー・ジーン”だったのではないかと思うのです。火鷹の野望に浸蝕されようとしていたメガロシティが、ボーグマンというメモリーの代行者たちによって(街の人々の誰も気づかない間に)再び救われる物語を描き出したかったのでしょう。
しかし、「メモリーのいないボーグマンは丹下段平のいないあしたのジョーみたいなもの」と云い切るほどにメモリーにこだわった割に、随所にメモリーの存在を感じるような作品だったかというとそうでもない。まだラバレの方が「メモリーのいないメガロシティ」の空虚感、そこで彷徨うリョウたちを表現できていたんじゃないでしょうか。
監督がメモリーに捕らわれたせいで、リョウたち「ボーグマン」がどう3年の月日を過ごし、どう生きようとしたかが不明瞭となってしまい、肝心のメモリーの存在すらもどこかぼやけている。そこを鮮明に描き出せなかったのもラストバトルの欠点だと思います。

というか、インタビュー読み返すと、ラストバトルは監督の引き出しから無理やり要素を引っ張り出して作った続編で、本当は監督の中でボーグマンはFORVERで終わっていたと思わざるを得ません。しかし、根岸監督がここで降りていたら間違いなく園田氏が乗り出していたと思われるので、監督が続投したことでボーグマンは守られたと思っていいでしょう。そこは感謝すべきと思ってます。
そこまで云うかと思われそうですが、ではクロノスの大逆襲を踏み台にしたレイナ剣狼伝説以上の惨劇を見たかったと?

なぜ途中まで制作が進んでいたアフリカスタートの物語では駄目だったのか、なぜリョウとアニスの関係は中途半端なことになったのか。次回はそこに触れようと思います。

lastbattle-76.jpg

関係ないですけど、ラッコのトレイシーちゃんは何をしたんでしょうかね。
美姫も気になってるんじゃないですかね
posted by はらよしかず at 19:00| Comment(3) | ボーグマン
この記事へのコメント
>はらよしかず様

>根岸監督が優先したものが「三年後のメガロシティ」

 元のTVシリーズのメガロシティと比較すると、自分はどうしても「違和感」がぬぐえないんですよね。いくら「妖魔との戦いで壊滅的ダメージを受け、三年の間に復興した」という事情があったとしても、あまりにも「変わり過ぎ」「共通点無さすぎ」で。
 バルテクターおよび転送装置、ボーグマンの各装備や武装などはおいといても、メガロシティにおけるTVシリーズ内でのテクノロジーや街並みや生活感などが、ラストバトル作中ではほぼ「無視」、または「無かった事」にされ、「これがあの作品の三年後なのか」と、当時からどうにもその疑問と違和感とがまとわりついていました。

 まあ、TVシリーズ内でのメガロシティの描写や演出も、印象的だったかと言われると「否」ではありましたが。
 しかし、そうであっても。どこかで「共通点」をなぜ出せなかったのか。
 ひょっとしたら、TVでのメガロシティの描写の無さ、貧相さが、根岸監督はずっと気になっており、ラストバトルでそれを解消したかった……のでしょうか。
 もしそうだったとしても、悪手だとしか言えませんが。どんなに舞台を整えたとしても、肝心の物語自体がドッチラケだったら、それこそ無駄で無意味。
 本当に、仰るところの、

>結局、根岸監督がラストバトルで何よりも誠実であろうとしたのはファンでもリョウたちでもなく、監督の中の“メモリー・ジーン”だったのではないかと思うのです。

 このせいで、物語自体が歪になってしまったのだとしたら、残念でなりません。
 メモリーとメガロシティにこだわったわりに、他の点があまりにいいかげんかつぐだぐたになり、物語として貧相に。そもそもメモリーその人の描写も皆無なので、メモリーの意志を受け継ぐリョウたち……という点すらも曖昧に。
 ファンに対し不誠実な、園田氏のようにしない……と思っていただろう根岸監督も、メモリーへのこだわりと想いとで、ファンに対し不誠実な作品を作ってしまったのは、本当に皮肉というか、残念というか。


>火鷹の信念はあくまで「サイボーグとは人類の進化の鍵」にあり、TVシリーズの設定がひっくり返されたのは、「火鷹を基準とした科学力」にリアリティを持たせたかったと推察。

 この点もねえ。
 正直、火鷹の作ったオメガにハンターは、TVでのボーグマン三人に比べれば貧弱で力不足。メモリーもおらず、戦いから離れ三年経過し、バルテクターの能力も制限が付いていたとはいえ、妖魔と比較したら遙かに格下な存在に、なぜボーグマンたちがあれだけ苦戦しなきゃならんのか(少なくともバリアンと犬妖魔よりも強くはないでしょうね)。
 それこそ、
「メモリーの、ボーグマン計画時の流出データを取り込んだ」
「秘密結社ギルのテクノロジーを入手し解析し組み込んだ」
 など、火鷹側にオーバーテクノロジーをどこかで取り入れても良かっただろうに。
 リアリティはあくまで「物語を魅力的にする要素の一つ」であり、その要素のみに拘ると、物語が破綻し面白くなくなるもの。メモリーへのこだわりが、こんな創作の基本中の基本をも忘れさせてしまったのでしょうかね。

 つーか、リョウとアニスの大人のラブストーリー要素を入れず、

「悪のボーグマンを率いる、火鷹のサイボーグ集団」
 vs
「メモリーの意志を引き継いだ、ボーグマンチーム」

 ……ってな内容にしては、だめだったんだろうか。
 リアリティは薄れ、単純で子供っぽい内容にはなったでしょうけど、少なくともメモリーの意志をリョウたちが引き継いだ……という点に関しては、描けたんじゃあないかと。


 ではあっても、

>ラストバトルは監督の引き出しから無理やり要素を引っ張り出して作った続編で、本当は監督の中でボーグマンはFORVERで終わっていたと思わざるを得ません。しかし、根岸監督がここで降りていたら間違いなく園田氏が乗り出していたと思われるので、監督が続投したことでボーグマンは守られたと思っていいでしょう。そこは感謝すべきと思ってます

 この点は、自分も同感です。
 園田氏が乗り出して来たら、それこそ、「アニスを必要以上に弄び、リョウとは別れさせられた、愛玩目的の最低最悪な代物」になったでしょうし。つーかあの人の気まぐれな思い付きが、より良きボーグマンの後日談を提供するとは絶対思えん。
「リョウごとメガロシティが爆発し壊滅。そのショックでアニスが別世界に転生し、新たな恋人を守るため、やはり転生してきた妖魔と戦う」みたいな内容をドヤ顔で提供するような気がします。

 それはともかく。
 せめて、根岸監督に有能かつ、園田氏と異なる誠実さを有した人材が、ブレインとして補佐してくれたら。
 ラストバトルは、もっとましになったんじゃあなかろうか……と、思うものです。

 次の考察も、楽しみに待ちたく思います。ほんと、当時のモヤモヤが晴れていく想いですわー。

 では、いつものように長文失礼しました。
Posted by 塩田多弾砲 at 2019年10月16日 02:52
>塩田多弾砲様

>TVでのメガロシティの描写の無さ、貧相さが、
>根岸監督はずっと気になっており、ラストバトルで
>それを解消したかった……のでしょうか。

正にソレだったんじゃないでしょうか。監督のインタビューを読むと、本編ではディテールを詰められなかった「海上都市」としてのメガロシティにこだわりまくったんでしょうねえ。本編でできなかったことのリベンジであって、本編につなげる必然性は感じてなかったんじゃないかと。
なんとなくですが、登場人物が本橋キャラにリニューアルした時点でファンに媚びる気はなくて、自分のやりたいボーグマンをやって、それを理解してくれるファンだけが楽しんでくれればいい、と開き直っていらっしゃったのかしらと。
とはいえ、アフリカ設定で制作が進んでいた段階では(岸間氏のSSの世界観からして)本編寄りだったかも知れないかなーと。それが変遷を重ねた過程で開き直らざるを得なくなったかも知れず、監督だけの責任とも云えない何かは感じますね。
根岸監督はたぶん、アニスばかりを持ち上げて作品を顧みなかったアニメ誌やファン、それらに迎合した園田氏のスタンドプレーにうんざりしていて、だからラストバトルをああいう内容にしたのかも知れないですね。そういう層の期待に応えるのを嫌ったのかも。監督がアニス人気を含めた「ボーグマン」を受け入れて分析できたのは、かなり後のことだったのではないかと、ブルーレイBOXのインタビューを読んで思いました。

>(少なくともバリアンと犬妖魔よりも強くはないでしょうね)

云われてみればそうである(画像略)。
この辺は大畑氏が制作に深入りしていたら、かなり化けた気がすごくします。もっとスマートな考証やアイディアを出して反映して下さったのではないかなー。残念。

>園田氏が乗り出して来たら、

あーでも園田氏は(ボーグマンに関しては)根岸監督ほどPの信頼を得ていなかったので、剣狼みたいな暴走ができたかは分かんないですよねー。そもそも園田氏がやりたかったと思われる「平和を取り戻したメガロシティで歌手デビューするアニス」「そんな彼女に訪れる彼氏(自分)との運命の出会い」「アニスのリョウへの思慕は一時の気の迷い」等の構想を、ユーメックスならいざ知らず東宝のPが受け入れたとは思えませんな。まあそうでなくても、ロクでもないことしかしなかったと思われますけど。ライジンオーのOAVも、あらすじ読む限りでは後発ほどワル乗り臭が漂ってましたし。

あとアニスの名前のネタ元ですが、根岸監督は名前だけ拝借したようです。当時お気に入りのマンガだったようで。キャラ的な共通点ほとんどないです。ウチにも単行本まだありますけど名作ですよ。
Posted by はらよしかず at 2019年10月18日 16:18
>はらよしかず様

>監督のインタビューを読むと、本編ではディテールを詰められなかった「海上都市」としてのメガロシティにこだわりまくったんでしょうねえ。本編でできなかったことのリベンジであって、本編につなげる必然性は感じてなかったんじゃないかと。

 成る程ね、確かに「冒頭のメガロシティの描写の細かさ」は、違和感あったけど、妙な力の入れようも感じました。
 ああいった感じで、舞台となるメガロシティも整え、描写したかったけど、TV版ではそれがかなわなかった。
 故にOVAという機会にて、必然など関係なくやってしまった……ってな感じでしょうかね。

 しかし、

>なんとなくですが、登場人物が本橋キャラにリニューアルした時点でファンに媚びる気はなくて、自分のやりたいボーグマンをやって、それを理解してくれるファンだけが楽しんでくれればいい、と開き直っていらっしゃったのかしらと。

 もしもこう考えておられたのなら、ほんとに悪手以外の何物でもないと。
 確かに、シナリオや内容の変更が多く行われた事情、そして「アニメ誌やアニスファンや園田氏の身勝手さ」など、TVでの問題など、そういう要素があったとしても、
「わかってくれる奴が居ればそれでいい」ってのは、避けるべきだったかと。
 それって逆に言えば「わかってくれない人全てを切り捨てる」「そもそもわかってくれる人が出てこないかもしれない」という事でもあり、同時に、非常にハイリスク、かつ勝つ可能性が低い博打でもあるわけで。

 ただ、仰る通り「根岸監督だけの責任」とは言えないと、自分も思います。
 たとえキャラ人気、菊池氏のビジュアルや大畑氏のメカなど、上っ面的な要素であっても、人気作となったボーグマン。
 それを、「当時それなりに中堅どころで、人気作となったクロノスに関わった園田氏の脚本」と、「やはり人気を得た、菊池氏のキャラデザインとビジュアル」という、客を引っ張り込める要素を弾いたため、当時のプロデューサー、および関係者諸氏は、「確実に人気を取れるように」と焦り、あれこれ口出ししたものと思われます。
 そして、船頭多くしたら、船は山に登るかように。あれこれ口出しされた結果が、ラストバトルの中途半端さになってしまったと考えると(そして、うんざりしたところで、投げ出したら園田氏に作品をめちゃくちゃにされると考えると)、
 確かに根岸監督だけが悪い、とは言えないです。押すもだめ、引くもだめ。本当にままならないなと。

 つーか、自分も含め、当時のボーグマンファン、というよりアニスファンは、アニスが画面に出て、愛嬌ふりまけばそれでイイ! みたいなとこがありましたからね。そして園田氏のあの言動と、剣狼伝説の「結果」。
 そういう様々な点を鑑みたら、今にして思えば根岸監督じゃなくともイラッとしてきます。何やってたんだ自分と。


>>(少なくともバリアンと犬妖魔よりも強くはないでしょうね)

>云われてみればそうである(画像略)。
>この辺は大畑氏が制作に深入りしていたら、かなり化けた気がすごくします。

 ですよねー。
 実際、ハンターとオメガを、バリアンと犬妖魔と戦わせたら。一方的に破壊されて終わってたかと。いや、ラバレの猫妖魔の猫状態にすら勝てたかどうか。
 つーか、オメガのどこがリョウを蹂躙できるほどの強さを持ってたのか。そのあたりも理解に苦しみます。オメガの強さの根拠とか、そういう描写も無かったですし。
 能力的にも、ほんとにバリアン・犬妖魔を初戦で倒し、その後も多くの妖魔を倒したリョウの戦闘経験をもってすれば、
「ブランクがあっても、十分に独力で倒せる」
 となって然るべきなのに、そうならず。
 あの無理やりなリョウの弱体化は、根岸監督のどういう感情がそうさせたのか。ちょっと気になるところです。

 
>あーでも園田氏は(ボーグマンに関しては)根岸監督ほどPの信頼を得ていなかったので、剣狼みたいな暴走ができたかは分かんないですよねー。

>まあそうでなくても、ロクでもないことしかしなかったと思われますけど。ライジンオーのOAVも、あらすじ読む限りでは後発ほどワル乗り臭が漂ってましたし。

 歌手デビューしたアニスはちょっと見てみたかった気もしますが、さすがにクロノスの二の舞にしなかったのは、僥倖ではありましたね。
 ほんと、園田氏の言動を省みると、ろくでもないし、調子に乗ったら悪乗りばかり。しかも「反省」が無い。そういうものしか見えてこないですし。
 本人は自分の作品、およびキャラに対し、「大事にしてる」と思い込んでるんでしょうけど。

「サイファ」は名作のようですね。機会があったら、自分も読んでみたく思います。

 ではー。
Posted by 塩田多弾砲 at 2019年10月18日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。