2019年10月22日

【ラストバトル】チャック誕inラストバトル【番外編】

日々バタバタしていて、気が付いたらチャックの誕生日が目前でした!(白目)という有様だったのと、どのタイミングで振り返ろうかと思案していたこともあり、今回はラストバトルのチャック(+美姫)を採り上げます。2日遅れですがいんだよ細けえことは(ザ・松田ステイ)。

これはラバレもそうなんですが、リョウとアニスがスタッフの意向に振り回されファンに違和感を与えるキャラクターとなってしまったのに対し、チャックは続編の世界観に対応し、なおかつTVシリーズと変わらない振舞いで登場しています。美姫との関係の進展等、OAVでファンが望んでいた姿を見せることができたのはチャックだけでしょう。良いのか悪いのか、スタッフの思い入れから少し離れた位置にいたお陰で、彼らしさを失わずに済んだのではないでしょうか。井上氏の地に足の着いた演技に寄るところも大きいと思います。

lastbattle-77jpg


リョウとアニスの破局が描かれた直後に登場。このショッキングピンクのトランクスは、松井菜桜子さんに強烈な印象を与えた模様(ソースはパンフレットのコメント)。チャックはラストバトルの初期案では警察学校の教官になっていたとかで、そっちも見てみたかったですね。

lastbattle-78.jpg

lastbattle-79.jpg


ラストバトルの特色が表れているチャックと美姫のホットなシーン。ごく自然にチャックの腕の中に倒れ込む美姫。その彼女を抱き留めて髪を撫ぜたり、ブーツを脱ぐ美姫の仕草やチャックが彼女のために椅子を引いておく動作など、演出がとにかく凝ってるんですよ。なぜこの愛情をリョウとアニスに注げなかったのかと、そういう意味で腹が立ってくるレベルに良いです。りょあには(諸事情で)あんまりいちゃいちゃさせられないのでチャックと美姫でニヤニヤしてね! ということだったのか。もしくは演出の村山氏が美姫派だったそうなのでそのせいかしら。
そう云えばここまでいちゃこらしてんのに同棲はしてないのか。実家の爺ちゃんがその辺うるさいんですかね。

lastbattle-80.jpg


中華料理店でアニスを諭すチャック。チャックとアニスの距離感と空気が心地いい場面。2人が本当に破局したらいちばん心を痛めるのはチャックなんですよね。あとリョウは仲間以前に親友だし、どうしても彼の肩を持ちたかったんでしょう。だいぶ前にも書いたんですが、アニスがリョウ以外の男性を選んだらめっちゃ干渉しそうな気がする。リョウならともかくオレよりいい男でないと認めないぜ? みたいな。

lastbattle-81.jpg


ハンターボーグマンとの一騎打ち。地形を考慮したバトルに仕上がってます。チャックはTVシリーズでは単騎だとイマイチええとこなかったんですが、この一発で仕留める場面で挽回しましたね。カッコいい。そんな妖魔を倒すように、ボーグマンをあっさりころころしてええんかと思わんでもないですけど。ヤツら一応元人間だし。

lastbattle-82.jpg

lastbattle-83.jpg


チャックに抱きつく美姫の手に力が籠るところとか、完全無欠のラブラブカップルぶりがまぶしい。ねえ本筋は誰と誰のラブストーリーでしたっけ?(皮肉)

ラストバトルにせよラバレにせよ、リョウとアニスがTVシリーズと異なる空気をまとわせて登場した違和感を和らげる役目を、チャックは担っていたと思います。結果的にそうなっただけで、スタッフがそこまで意識してチャックを動かしたとは思ってませんが。
チャックの柔軟の利くポジションとキャラクターが、数年後に(ファン的に)大きな悲劇を招くことになりますが、さらにウン十年後にブルーレイBOXのイラストの方が更なる悲劇として語られるようになっちゃうとはこのリハクの(略)。菊池氏がどんだけブーブー云おうが、これだっきゃ変化と認める訳にはイカンのでず!! 未来永劫としあきからツッコまれ続けるんですよ!?(どうでもいい)

lastbattle-84.jpg

実はチャックがいちばん美味しい場面ってここじゃね? と思わなくもない。
いいですよね姫抱っこヽ(´ー`)ノ
posted by はらよしかず at 17:24| Comment(3) | ボーグマン
この記事へのコメント
>はらよしかず様

 リョウとアニスは、変に凝り過ぎてドッチラケ。
 しかし、チャックと美姫は、ろくすっぽ手を入れず(もしくは手抜きして)、ごくごくスタンダードにありがちなシチュと行動とで、かえって良くなった……といった感じですね。
 失礼とは思いますが、自分もスタッフが意図してこうなった……とは思えず、結果的にこうなっただけで、偶然の代物じゃないかと。
 というか、おそらくはチャックと美姫の二人は、スタッフ間でもあまり重要視されておらず、根岸監督も「適当にイチャコラさせとけ」程度であまり注目もしてなかったんじゃあないでしょうか。
 で、村山氏にその辺りを任し、その結果。
 魅力的かつ「(リョウとアニス以上に)ファンが見たかったその後の二人」となった、と。

 なんだか、定食において。メインのおかずに凝り過ぎてかえって不味くなったけど、普通に作った付け合わせの副菜の方が、その分非常に美味く感じた……みたいだと思ってしまいました。

 村山氏は後年にプリキュアシリーズの監督もされてますが、この頃から演出の実力の一端が垣間見えた感があります。ほんと、リョウとアニスもこんな風にイチャコラしてほしかった。

>チャックはTVシリーズでは単騎だとイマイチええとこなかったんですが、この一発で仕留める場面で挽回しましたね。

 TVでのボーグマンの戦い方も、正直いい加減でしたからねえ。リョウとアニス以上に重装甲のバルテクターで、重火器も装備してるのに、それを以て止めを差す……ってな事はついぞありませんでしたし。そもそも三人の必殺技は、トリプルアタックを除けば、三人一緒のソニックウェポンとリョウのパンチだけですし。
 そういえば、直接の攻撃力が三人中最弱のはずのアニスですら、妖魔人ドロルを単独で葬ってますし、ガン・ウォーリアで妖魔を追い詰めたり、索敵機能で妖魔の弱点を見破ったりしてるのに、ほんとにチャックのみ割を食わされてましたね。

 しかし、ハンターを状況を利用して単独で倒したとこは確かにカッコいいのですが。
 今にして思えば、チャックはパワー型重装甲のバルテクターを装着しており、おそらくボーグマンの身体能力も、他の二人に比べパワーに優れているはず。
 なので、こういうふうに隠れて不意を突き止めを差すのではなく、重装甲と火力とパワーとで真っ向対決し、倒す……みたいにしてほしかったです。

 いや、こういう「敵の隙をついて一撃を食らわせ倒す」って戦い方は、装甲が薄く重火器を装備してないバルテクターの、リョウとアニスの方が似合ってるんじゃないか……と、今の目でみたら思ってしまった次第でして。

 ついでに、ハッサンと美姫ですら、ハンターの移動手段を逆手に取り、行動不能にさせる……ってな見せ場があるのに、主役カップルのリョウとアニスの見せ場は無し。あるのはオメガっつーガラクタに苦戦するシーンのみ。
 戦いにおける「魅せ方」も、ラストバトルは力の入れ方を間違ってたような気がします(TVシリーズから、その点は至らんかったとも言えますが)。

 では、ラストバトルアーカイブの続きに期待しつつ、これにて。
Posted by 塩田多弾砲 at 2019年10月24日 02:33
>塩田多弾砲様

>普通に作った付け合わせの副菜の方が

そうですねえ。チャックと美姫は主題に絡む訳ではなかったので、TVシリーズの補完を素直にやったら好感の持てる描写になったというカンジですかね。チャックと美姫のイチャコラは、リョウとアニスの不器用な恋愛と対比させたいという意図もあったと思います。
プリキュア詳しくないんですが、村山氏が監督やってたシリーズもあったんですねー。アクションシーン上手いのでちょっと見たいかも。

>チャックのみ割を食わされてましたね。

割を食ったというより、ソニックウェポンの玩具販促の犠牲になったのだ…という印象ですね。チャックが魅せられそうな場面でソニックウェポンが出てきて妖魔を撃退! となったような。ジリオンがジリオン銃推しで済んだのに対して、販促しないといけない武器が増えたのは作品にとってマイナスになっちゃいましたね。そもそも販促の上手いスタッフがいなかったですし。

>重装甲と火力とパワーとで真っ向対決

ここは設定で終わっちゃった感がひしひしと。実際は(申し訳程度に)リョウの後方支援してたぐらいじゃないでしょうか。こういうもったいないお化けが出ることばっかりしてるんですよね。チャンプとの決定的な差別化にもなったのに。
Posted by はらよしかず at 2019年10月29日 17:07
>はらよしかず様

 すいません、プリキュアに参加は村山功氏で、村山靖氏ではなかったです。村山つながりで完全に勘違いしてました。訂正します。申し訳ありませんでした。
 ああっ恥ずかしい。つーか以前も園田氏と田村氏を「英樹」と下の名前つながりで同一勘違いした事もあったっけなあ。自戒しろ自分。

 で、ググって改めて調べたところ。
 村山靖氏は、ラバレ以降は「レッツ&ゴー」や「テニプリ」などを手掛け、ここ最近では「異世界はスマートフォンとともに」、「手品先輩」「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」、でもって現在放送中の「神田川JET GIRLS」などの演出をされておられますね。
(そういえば、悪名高き(爆)「ライトニングトラップ」の監督もされてましたっけ)。
https://w.atwiki.jp/enshutsu/pages/538.html

 というわけで、プリキュアは完全に勘違いのうえ、無関係でした。大変失礼しました。

>チャックと美姫は主題に絡む訳ではなかったので、TVシリーズの補完を素直にやったら好感の持てる描写になったというカンジですかね。チャックと美姫のイチャコラは、リョウとアニスの不器用な恋愛と対比させたいという意図もあったと思います。

 ほんとに、「TVシリーズの補完」を素直に行う事を、リョウとアニスでやってくれてたら……と、今でも思います。
 チャックと美姫は、関係も良好。しかりリョウとアニスはそうではなく、一時的にケンカして離れてしまった……ってな感じを狙ったんでしょうけど、ちょっと納得しがたいよなあと。


>割を食ったというより、ソニックウェポンの玩具販促の犠牲になったのだ…という印象ですね。チャックが魅せられそうな場面でソニックウェポンが出てきて妖魔を撃退! となったような。

 こういう点でも、ソニックウェポンの存在の弊害が。
 つーか、「ボーグマン三人の戦い方」と、「それらを魅力的に魅せる演出」の下手さに泣かされた、とも言えそうですね。どうにも銃撃や砲撃など、火器・銃器を用いた戦いは、ボーグマンは実につまらんというか、魅力に欠いてるので。
 皆で適当に撃って、妖魔弱らせ、止めにソニックウェポンかトリプルアタック。こんなバトルばかりじゃ、玩具の販促以前の問題かと。

>ジリオンがジリオン銃推しで済んだのに対して、販促しないといけない武器が増えたのは作品にとってマイナスになっちゃいましたね。そもそも販促の上手いスタッフがいなかったですし。

 チャックが毎回OPで撃ってたソニックバズーカも、ジリオンバズーカの仕様変更商品でしたからね。ジリオン銃同様に売ろうと考えてたんでしょうけど、かえって商品が増え、各々の商品の印象が薄まってしまいましたし。
 仰る通り、販促下手のスタッフばかりだったのも問題だったとは思いますが。
 玩具そのものが好きで、それらの魅力を語りたい・知らしめたい……みたいな熱量というか、やる気というか。そういう点も全般的に足りなかったような気もします。
 そういう方面でのマニアックさを持った人が、監督・演出、または脚本にいてくれたら、わずかでもマシには……ならんかなあ、やっぱ。

 ただ、玩具の販促とは関係なく、どうにも「劇中に登場するアイテム全般のギミック」を紹介・説明したり、(物語劇中に)活用したりする事が、ボーグマンは全般的に下手です。
 シリーズ構成はおいといて。根岸監督もボーグマン以後の作品で、販促ありな作品でも、玩具関係はことごとく売れませんでしたし。

 ラバレでは、アニスのバルテクターのギミックを使用するシーンが、わずかながらありましたけど。あれも正直「TVで出来ないからOVAでやりました」感が強かったですね。「戦闘中に大ダメージを食らい、バルテクターが強制排除される」ってシチュ、TV劇中で行ってもおかしくはなかったろうに。
 そも、鎧ものの先達たる星矢でも、戦闘のさなかに聖衣を脱いで……ってシチュはありましたが、それを逆に利用して魅力的なバトルを見せてくれましたし。そういう創意工夫的なとこも、ボーグマンには足りなかったんだよなあ。


>ここは設定で終わっちゃった感がひしひしと。実際は(申し訳程度に)リョウの後方支援してたぐらいじゃないでしょうか。こういうもったいないお化けが出ることばっかりしてるんですよね。チャンプとの決定的な差別化にもなったのに。

 そうなんですよねえ。ジリオン本編ですら、

 JJ=拳銃による銃撃・接近戦
 アップル=マシンガンでの連射による掃討
 チャンプ=ライフルでの狙撃、遠距離射撃

 ってな機能の違いがあり、そこから戦い方の差異も見せてくれてたのに。

 チャンプと違うパワータイプの戦いを見せてくれたら、それがチャックの魅力になっただろう事は容易に想像できます。
 そういや、チャックのバルテクターの両肩。装着シーンのバンクで毎回パーツが起き上がってますが。玩具ではソニックバズーカをその肩パーツに装着できるギミックがあるのに、それを活かす事もしてませんでしたね。

 ついでに言うと、リョウはダストジードとの戦いで毎回相手から剣を奪ってチャンバラしてましたけど。それくらいなら最初に剣、もしくはそれに準じた武装を用意しとけよと、見るたびに思ってました。近接戦闘用の武装が無いんですよね、バルテクターには(元は宇宙開発用装備だからかもしれませんが)。

 時間が無い、スタッフが手慣れてないなどの理由や事情もあったのかもしれませんけど。設定をちゃんと読み込んだスタッフが、ギミックを活用した演出やシチュを劇中に反映させる。そういうボーグマンを見たかったです。


 では、またまた長文(および間違い)失礼しました。
Posted by 塩田多弾砲 at 2019年10月29日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。