2019年11月05日

【30周年】ここが変だよ! ラストバトル解答編その2。

プライベートでしばらくバタバタしそうで、更新作業する心の余裕ができるのにちょっと時間かかるかもです(;´Д`)病院いやや…。
今回もラストバトルですが、以降はちょい棚上げして別のネタをやるかも知れません。書くより描くモードなので。

ラストバトルを見直す度に目に付いて仕方ないのは、エピソードの作り込みの浅さと繋ぎの甘さだったりします。唐突にリョウと痴話喧嘩をはじめて一方的にメガロシティに戻ってしまうアニスのくだりや、ヘブンズゲートの地下に侵入した(アニスがああも簡単に潜入できたのは、火鷹がそう仕向けたんですかね)アニスを捕えた後の火鷹の納得できる点が何ひとつないサイボーグ演説、メガロシティ到着まで、前半ほとんど自分の意志で行動しない(ハッサンに決められている)リョウのヘッポコぶりがそうですけど、なんでこういうことになったのか。

あくまで推論ですけど、根岸監督が要所に「描きたい場面」を配置し、それに合わせてキャラクターを動かしていたからと思われます。
これ、実はTVシリーズの最終回もそういう構成になってます。リョウが崩壊後のメガロシティの未来を担うのは子供(生徒)たちである、とシンジを諭す場面、それを描きたいがためにシンジはまずサイソニック学園への帰還を「拒否する」役目を負わされた。この状況下ではシンジは無力な子供であり、足手まとい以外の何者でもない。それをこの期に及んで自覚させない。「リョウの教師としての成長」の描写と引き換えに、シンジに損な役回りをさせちゃってるんです。
「俺たちは教師さ!」の後にリョウとチャックに抱き着くアニスも然り。ここは問題なく名場面ですが、レミニスの下に逝ったことを示したあの1カットのためにメモリーは斃れ、響先生たちの帰還を信じてサイソニック学園に戻ってきたはずのシンジは、彼らの死を示唆するような言動行動でモーリーたちの不安を煽った訳で、これもあのラストシーン「先生!」のための「溜め」として、シンジにああいう迷惑千万な行動をさせたんですよね。

最終回だから許されたようなものの、シンジは根岸監督が心血注いで打ち上げた「最終回」という花火を彩る、都合のいい材料にされた面はあると思います。シンジのこういう使われ方に関しては、また後日採り上げたい要素。

で、ラストバトルですが、正直これ岸間氏の意向よりも、根岸監督(とプロデューサー?)が入れておきたい要素ありきの脚本ではないかと思うのです。ラバレが村山&菊池両氏の描きたい要素ありきで、園田氏の意向がほとんど感じられなかったのと同様に、岸間氏もアフリカ設定の脚本が総ボツになりNASA設定になった時点で、根岸監督の意向を脚本に起こすに留めたんじゃないでしょうか。岸間氏のボーグマンへの思い入れは、アフリカ前提のプロットでないと活かされないものだったんでしょう。そう考えれば、岸間氏らしからぬキャラ描写の雑さも納得いくかなと。

ラストバトルで特に「場面ありき」を感じるのは、

lastbattle-1.jpg


アニスがリョウに愛想を尽かしてもらわないと話が進まないので、リョウにアニスの頼みをあっさり断らせました。ハッサンにも手伝ってもらいました。というか俺がハッサンだ。

lastbattle-70.jpg


火鷹の「ぼくのかんがえたすっごいボーグマンけいかく」をアニスに否定させるために、アニスに「サイボーグそのものを否定」させました。
これ、ラストバトル最大の地雷で下手すれば本編のテーマすら否定しかねない、監督もスタッフもどうして見落としたの? な、不可解な場面になってます。これに関しては後日別記事を立ててねっちりしっかりやります。

lastbattle-34.jpg

lastbattle-33.jpg


今は恋人となったアニスのために、リョウに最上階まで階段を駆け上がってもらいました。アニスへの愛の力で走れリョウ! バーニア? 知らない子ですねえ。

lastbattle-47.jpg

lastbattle-48.jpg


このまま順当に行けばリョウはオメガに勝ってましたが、アニスに花を持たせたいのでうっかり踏まれてもらいました。プログラムの解除ができない! よしラブパワーで計器破壊そして勝利! TVシリーズでは空気銃レベルだったソニックガン(旧名ジリオン)の見せ場も作ったよやったねリョウ!

lastbattle-55.jpg

lastbattle-68.jpg


私のために酷い目に遭わせてごめんねリョウでも私よりロケットを選んだことは許してないので私は私の道を行きます見送りにも行かないわよ。
かーらーのー、座席で待ってました!(脚本&演出:ジェダ・ハッサン)監督含めスタッフ渾身のアニス最高の笑顔でボーグマン完結!

こんな具合で、「アニスのこんな姿あんな見せ場」が優先で、ストーリーはその後についてこさせればいい、という構成だったんじゃないでしょうか。前にも書きましたが、シンプルなストーリーゆえに、ボーグマンに思い入れのない視聴者には比較的見やすい「近未来SFアクションOAV」として成立しているものの、ファンがボーグマンの後日談に期待した要素はあまり入っておらず、根岸監督は「ボーグマンの続編にお金を出すファン」をどう想定していたのか。このちぐはぐさは3人いたプロデューサーも影響してるんじゃないかと思うので(特に剣狼やボーグマン2にも関わっている加藤Pが引っかかる)、根岸監督だけの責任とも思えないんですけどね。ただ、「本橋アニスでもアニスの出番を増やして彼女をしっかり描けばファンは納得してくれる」と思っていたのなら、そもそもそれが大誤算だったんだろうなと。

また次回更新まで間が空くと思います。スミマセン。
posted by はらよしかず at 19:13| Comment(3) | ボーグマン
この記事へのコメント
>はらよしかず様

>あくまで推論ですけど、根岸監督が要所に「描きたい場面」を配置し、それに合わせてキャラクターを動かしていたからと思われます

 確かに、ストーリーよりもシチュエーションが先にありき……という感はあります。
 シンジに関して、彼が最後の最後まで足手まといから成長も反省もしないクソガキにされていたのも、狙っていたシチュを描くためにあえてそうさせられた……とは、以前からご指摘されてましたが。
 しかし、ストーリーの面からみると、シンジはトラブルメーカーでしかなく、リョウたち教師は、それを放置し正しもせず、甘やかしてる……という誤解を生じさせることに。
 
 そして、ラストバトルでも同様の手法でストーリーを作った、もしくは(岸間氏に脚本を)作らせたとしたら。根本的なところから間違ってしまってたと言わざるを得ないかと。

 キャラクターは、物語を進めるための道具ではなく、劇中において自らの意志や思考を持ち、それにそって動くもの。その行動の結果が、場面やシチュエーションとなって劇中で描かれるわけですが。根岸監督は(少なくともボーグマンとラストバトルに関し)、この点を失念してしまってるようにも感じられます。

 シーンやシチュを見せたいのだとしても、リョウとアニスの関係のみならず、リョウがオメガに苦戦し、ろくにバトルでいいとこ見せられずに終わったってのも、また判断に苦しみます。

 本当に、

>ファンがボーグマンの後日談に期待した要素はあまり入っておらず、根岸監督は「ボーグマンの続編にお金を出すファン」をどう想定していたのか。

 この点をどう考えておられたのか、自分も知りたいところです。
 というか、「リョウはアニスを蔑ろにし、バトルでもいいとこがない」「アニスはリョウとイチャコラどころか険悪になってしまい、これまたいいとこがない」「バルテクターでのバトルも地味かつ魅力的でない」「妖魔と戦い倒してきたボーグマンのかっこいいとこがほとんどない」……、
 などなど、ボーグマンのファンが見たいと思えないシーンばかり。それでいて「これに金を出して見てくれる、面白いと思って満足してくれる」と思っていたのだとしたら、あまりに見通しが甘すぎるというか。


>「本橋アニスでもアニスの出番を増やして彼女をしっかり描けばファンは納得してくれる」と思っていたのなら、そもそもそれが大誤算だったんだろうなと。

 おそらくは、そういう考えがどこかにあったんでしょうね。
 バルテクター装着時の胸ポヨンに代表される、可愛さを振りまくだけの浮ついた点など要らない。
 ファンだったら、アニスというキャラの、人間としての魅力を見せれば、わかってくれる、納得してくれるはず……みたいに、甘い見積もりしてたんじゃないかと。
 しかし実際のところは、作り手の自己満足めいた作風で、ファンの期待を裏切るような結果に。

 まあ、後付ですがこうなったのも当然と言えるかと。
 TVのシリーズ構成のアレさは論外ですが。続編を作る気がなかったとしても、だったらなぜ普通に、ファンが求めてるだろうものが作れなかったのか。
「リョウたちが妖魔の残党と、バルテクターを装着し、戦い倒す」みたいな内容だったら、、単純でありがちでも、TVでのファンは確実に見てくれただろうし(少なくとも自分は見る)。なぜそうしなかったのか。
 岸間氏のアフリカプロットが、根岸監督には納得いかない、あるいは気に入らない内容だったのかもしれないですが。


 あるいは根岸監督は、
「アニスの胸ポヨに代表される、可愛いかっこいいといった、浮ついたとこ」しか見てなかったファンたちを、快く思っていなかったのかも。

 それゆえに、ラストバトルは「ボーグマンを終わらせる。以後の展開させない・続編作らせない」という意図があり、「あえてファンの望むものと異なる内容」に。
(少なくとも、剣狼伝説のような方向性には断じてしない・させない。そういう考えは確実にあったでしょうし)
 ファンに対しては、
 
「もうボーグマンは終わったんだ。アニスもいっぱい出したし、リョウとも別れさせずにしておいた。満足したろ? これで完全に終わり。後は無し。だから、もうこれ以上騒ぐな」
 
 というメッセージを込めていた、と。

 ……ってな事を今思いつきましたが。
 さすがにこれは無いな。これはいくら何でもファンをバカにしすぎてるし。

 ただ、ラストバトルのこういう内容と終わらせ方が、後にラバレを作らせるきっかけになったと考えると。
 やはり、色々と悪手だったなと、改めて思うものです。

 シンジの考察もまた、楽しみにしています。お体に無理なさらぬ程度に、頑張って下さいませ。
 では。

Posted by 塩田多弾砲 at 2019年11月06日 01:13
>塩田多弾砲様

>リョウたち教師は、それを放置し正しもせず、甘やかしてる……

当時のTVアニメは、まだそこまで話やキャラを作り込む時代ではなかったと思います。レイナが様式美的に許されてましたし。個人的にシンジよりも問題が多いと感じたジリオン21話のアディの扱いも、当時だと「子供はこういうもの」で通ってたんでしょう。今だとレイナもアディも「不快な足手まとい」になっちゃうんじゃないでしょうか。
シンジは終盤で、作品をまとめるために便利なパーツにされた点はカワイソーです。それでもムカつきますけどヽ(´ー`)ノ

>リョウがオメガに苦戦し、ろくにバトルでいいとこ見せられずに

これはもう「アニスの見せ場」のためにそうさせられたんでしょう。アフリカ設定ではオメガではなく、火鷹が「最強のボーグマン」としてリョウの前に立ち塞がるはずだったそうですし。NASA設定になって急遽お鉢を回されたオメガでは、絶望感を描き切れなかったというところでしょうか。オメガ自体はラストバトルならではの存在感があって、嫌いじゃないんですけどね。
この辺は根岸監督がご自身の中でラストバトルに据えていたテーマ、Pの要望を消化しきれずに、制作状況の悪化と相まって1本のOAVとして完成させるのに精一杯となってしまったのではないかと。ボーグマン云々より、「とにかく完成させて納品」が優先しちゃったのかしら。
あと根岸監督は本気で本橋アニスを気に入っていて、本橋氏の実力なら菊池アニスじゃなくてもファンを満足させられると信じていたんじゃないかと、ブルーレイBOXのインタビューを読むとそう思えます。(インタビューのニュアンスから受ける印象ですが、ファンの反応はどうであれ、自分は満足したからいい、とも取れる気がしますが、これはヒネくれた解釈かも)監督はボーグマンという作品に対し、根本的なところでファンとズレていたように思えますね。

>「アニスの胸ポヨに代表される、可愛いかっこいいといった、
>浮ついたとこ」しか見てなかったファンたち

これらに対する反発は確実にあったと思います。TVシリーズをちゃんと見ていたファンを視聴対象とし、アニス以外はどうでもいい、というファンを篩にかけるつもりでいたと。園田氏を本編終盤から(34話以外)除外しそれっきりだったのも、園田氏がそういうファン層の側に立った所為ではないかと。アニス人気に対する根岸監督の「解答」という側面が、ラストバトルにあったんでしょうね。
Posted by はらよしかず at 2019年11月08日 19:07
>はらよしかず様

>当時だと「子供はこういうもの」で通ってたんでしょう。今だとレイナもアディも「不快な足手まとい」になっちゃうんじゃないでしょうか。

 そういう点は、昔の作品でも散見されましたね。
 メインの視聴者と年齢層が近い子供のキャラクターが、色々な事をしでかしても、なぜか許されてしまうというシチュは、確かにありました。で、クロノスもボーグマンでもそれを踏襲したんでしょうけど、今だったら通用しないとは思います。
 とはいえ、レイナはまだ、作劇上は「捕らわれのヒロイン」という役割があり、なおかつ自身も『天空宙心拳の継承者の一人(弱いけど)』なので、まだ戦いに関わる必然はあるけど、
 シンジは彼自身が「なぜあそこまで『妖魔との戦いに関わりたがるのか』という理由が描かれてないし、視聴者にも示してないのが問題なんですね。「自分もボーグマン=先生と一緒に妖魔に戦いたい」ってのが、「憧れのヒーローと一緒に行動したい」って自分本位な動機しか伝わってきませんし。
 それに加えて、シンジは自分の行動を全く省みない。
 だから、どんなに作劇上の理由があろうと、ムカつきしか伝わらんのも当然。
 ……なんですけど、製作側はこういう点に気付かないか、気付いててもスルーしてた感があります。
 この辺りは、仰るところの

>当時のTVアニメは、まだそこまで話やキャラを作り込む時代ではなかった

 という事が原因なんでしょうけど。
 それにしたって、このシンジの足手まとい・行動の妨害に関しては、やはり問題だったと思うのです。

 昨今だったら「シンジは過去に、助けられた人を助けられなかった事があった。だから力及ばずとも、なんとか助けてあげたいと思っている」みたいな理由が付けられそう。
 そうでもしないと、本当に「不快なキャラ」でしかないかと。


>>リョウがオメガに苦戦し、ろくにバトルでいいとこ見せられずに

>この辺は根岸監督がご自身の中でラストバトルに据えていたテーマ、Pの要望を消化しきれずに、制作状況の悪化と相まって1本のOAVとして完成させるのに精一杯となってしまったのではないかと。

 なんというか、ここでも悪手を打ってしまってますね。
 テーマを見せつけるあまり、ファンに楽しんでもらう……って事を完全に失念してたというか。
 前のレスに書いた通り、自分もオメガ、そしてハンターは、ボーグマンのバリエーションとして興味深かったので、どういう存在なのか楽しみにしてたのですが。
 ハンターはともかく、オメガは只のでかいロボット以外の何物でも無し。スゲーがっかり感を当時覚えました。
 まあ、そもそも「ボーグマンは、サイボーグとしてはどういう存在なのか」が、TVの時からろくに説明も描写も無かったですから、その発展形など描けるわけが無かったのでしょうけど。ほんと、このあたりに大畑氏が参加し手を入れて欲しかったです。


>あと根岸監督は本気で本橋アニスを気に入っていて、本橋氏の実力なら菊池アニスじゃなくてもファンを満足させられると信じていたんじゃないかと

 本橋氏は実力あるアニメーターでしたし、ラストバトル版のアニスは(菊池氏のそれと異なり)落ち着いた、浮ついた感のない大人の女性の魅力は確かにありましたからね。
 しかし、自身が気に入ったからファンも気に入るだろう、満足するだろうって見通ししてたとしたら、甘かったですが。
 なぜなら、ファンが見たかったのは「菊池氏の、あのデザインのアニス」であって、本橋氏によりキャラデザインを変えられたアニスなどではなかったのですから。

>監督はボーグマンという作品に対し、根本的なところでファンとズレていたように思えますね。

 キャラデザインに満足した……という以外にも、「問題ある人物のシリーズ構成」「軽薄短慮なファン」、そして「せっついて『作品』でなく『商品』を求めるP他関係各位」などにもうんざりしており、そういうストレスが、『ズレ』をさらに加速させたのかもしれませんね。
 もとより続編を作るつもりもなく、構想もあまり練って無かった。けど、放置してたらシリーズ構成の暴走を許す事になるので、なんとかやらねばならない。
 いちおう考えてるテーマはあるから、それを作品の方に合わせよう。ファンが見たいもの? そんなの知らん、わかる奴が分かればそれでいい……。
 もしもこんな感じだったとしたら、ファンに寄り添わず、ズレが生じ、それが戻らないのもある意味当然だったかと。


>これらに対する反発は確実にあったと思います。TVシリーズをちゃんと見ていたファンを視聴対象とし、アニス以外はどうでもいい、というファンを篩にかけるつもりでいたと。

 確かに、不真面目というか、あまり内容に注目してるファンは(自分も含め)あまりいなかったしなあ。
 ただ、TVシリーズをちゃんと見てたファン対象云々という割に、ラストバトルでは「TVシリーズの内容を反映させた要素」がほぼ全く見られんかったのも、矛盾というか不誠実ではありましたが。


>園田氏を本編終盤から(34話以外)除外しそれっきりだったのも、園田氏がそういうファン層の側に立った所為ではないかと。アニス人気に対する根岸監督の「解答」という側面が、ラストバトルにあったんでしょうね。

 園田氏本人がアニス愛玩を、(レイナ同様に)行おうと積極的でしたからね。
「そんな事は許さん」「物語は、もっと真面目で高尚であるべきだ」と、根岸監督は考えており、浮ついて軽薄短慮な園田氏、およびアニス愛玩のファンたちとは袂を分かちたかっただろう事は、想像に難くないです。
 その結果が、ラストバトルのあの中途半端かつおかしな点が満載の内容だったとしたら、あまりに力不足ではありましたが。

 なんか本当に、「ラストバトルは、ファンにボーグマンの終わりを突き付けるため作った」ってのが、案外的を外してないんじゃないかと思ってしまった。

 それでは。
Posted by 塩田多弾砲 at 2019年11月09日 01:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。