2019年12月06日

【充電中につき】雑談ティータイム。

いやもう本当にすみません。會川氏の一件がああいう形で解決(?)した時点で、もうぼやくまいと思っていたんですがその後の成り行きとか、ねぎし氏の動向を見ていたらやっぱり悲しくなってしまいまして、まあ茶でも飲みながら聞いて下さいよBBAの愚痴を。婆ちゃんオレ忙しいから帰るよ? うん勝手に語るし引き留めないから頑張ってー(妄想中)。

では本題。
正直、上映のラインナップに根岸演出&脚本回である最終話が挙げられてるにも関わらず、監督、そしてボーグマンを影から支えた存在である岸間信明氏が無視されている。主催のコンセプトに疑問しか湧かなくなっているというのが本音です。監督の本意ではない方向に作品を持って行こうとしたスタッフである菊池&園田氏が、監督不在の場で最終話を語ることになる訳で、會川氏以上に異を唱えていいねぎし氏が沈黙している理由が、ねぎし氏の新作の発表でちょっと分かった気がしたんですよね。

ねぎし氏はジュエルペットの新作劇場版で監督を務めておられたそうで、それにラムネとダ・サイダー(にすごく似ているキャラと云った方がいいんかしら)が出演するそうです。ここ最近のラムネ推しはそういう意味もあったようで、更にジュエルペットの制作には葦プロも関わっていた模様。
おそらく、ねぎし氏はこの新作とラムネを非常に大事に、重要に思われてて、だから告知のタイミング的に沈黙せざるを得なかった。そして葦プロがボーグマンイベントの宣伝TLを一切していなかったのも、ねぎし氏への配慮だったんでしょう。葦プロは上映に許可を出しただけで、後は一切関知しないというスタンスだったのかなあ。

イベント主催の対応、そしてねぎし氏のジュエルペットと併映のオリジナル作品「ククリレイジュ」への思いををついったで知った時に、少なくともねぎし氏の主導でボーグマンが(今のラムネのような)再起動をすることはないだろうと思いました。確信と云っていいかも知れない。菊池氏(&園田氏)とねぎし氏が手を取り合う図がまったく浮かばないんですよ。
ボーグマンはねぎし氏が不在でも企画が成立するのは今回のイベントが証明しましたし(ラバレの時点で成立してましたけど)、逆にねぎし氏「だけ」では成立は不可能。思い入れがあったとしても菊池氏の存在なくしてビジネスにならないのにやる訳がない。そういう歪なコンテンツになってしまったことが哀しくてなりません。菊池氏とねぎし氏の互いへのわだかまりは相当に深かったのかなあ。単純にねぎし氏にイベント登壇のオファーはあったけど、「忙しいから無理」でしたというオチならどんだけ救われるか。

しかしねぎし氏の仕事が全部正しかった訳ではないし(ラストバトルはああだったし)、菊池&園田氏にも云い分はあるだろうことは分かりますので、イベントで何が語られるのかは興味あります。一方的な根岸批判にならないといいんですけどね。園田氏はもう還暦前のいいオトナとして作品を語ると思いたいですが、なんせ関連作品で何かしら地雷を埋めて炸裂させるおじさんだからねえ…。
あんま云いたくありませんが、アニメ誌のボーグマン記事をチェックする限り、園田氏のコメントはとにかく内容が安定しなかったので、イベントでのトークはライブで楽しんで会場を出たら忘れるぐらいでちょうどいい気がする。いや真面目に云ってますどうせ本人も忘(自粛)。
だってあの御仁が一貫してブレなかった主張は「アニスは歌手志望」と「リョウとアニスはくっつきません」ぐらいですもん。あと「リョウはバカ」もか。どっちも公式化しませんでしたけどね。

個人的に、ねぎし氏主導の一連のラムネ再起動は、非常に理想的に見えて羨ましいと思ったので、ねぎし氏なら面白い形での再起動をやって下さったんじゃないかとうっすら夢見ていたんですが、こりゃもう無理だなーと。菊池氏がそういうことに長けた業界人と組むことがあれば可能性はゼロじゃありませんが、それだとビジュアルに終始しそうだしなあ。寒い冬になりそうです(´・ω・`)
まあ、園田氏が当時熱く求めながらも手に入れられなかった“恋人”アニスへの想い再びとなりませんようにと、イベントの成功以上に望むことはそれだけです。でぇじょうぶだ何か動いたとしてももうユーメックスはないし、ライトニングトラップの時の東宝みたいに葦プロが版権ブロックしてくれる。

なんか気持ちに収拾つかなくなったので、ラストバトル考察は当面保留します。ラバレが29周年だったので、年内にそっちを少しやるかも知れません。
posted by はらよしかず at 18:43| Comment(3) | ボーグマン
この記事へのコメント
 根岸監督が今回の件に何も言わなかったのは、新作のお仕事が入ってらしたから……と聞いて、少しだけ安堵しましたが……、

>それにラムネとダ・サイダー(にすごく似ているキャラと云った方がいいんかしら)が出演するそうです。

 こちらの方に驚きました。で、画像検索してみたら、マジにそのまんまやんけ! と、モニター前でツッコミ入れてしまったり。

 まあ、正直「ジュエルペット」のアニメは、色々とぶっ飛んだ内容でしたから、ラムネとダ・サイダーの二人(のそっくりさん)が出てもおかしくはないですが。
 アニメ三作目「〜サンシャイン」にて。
 スポンサーが実際に発売してる番組の玩具を、劇中のキャラたちが入れられた強制収容所内の工場にて作らされ、そこを爆破し脱出した時にBGMにエアロスミスが流れた時には、色々な意味で驚かされました。
「女児向けアニメで、よくこんなんやれたな」
「つーかサンリオさん、こんなのにOK出すなんてマジパネェ」って。

 それはともかく。
 ラムネスもまた、色々と問題点は多かったですが(後年のvs騎士とか)、それでもボーグマンで言われてるような「歪さ」があまり無いのが救いと言えるかと。
 正直、ボーグマンに関しては、根岸監督としては
「終わった作品であり、語るような事はもう無い」
「それ以前に、色々苦い思いをしたから、語りたくない」
 ……のかもしれません。悲しくも残念ですが。

 自分も、根岸監督の手腕と采配とが全て良かったとは言わないです。
 しかし、園田氏の当時書き散らした・語り散らした、あのコロコロ変わる設定という名の妄言を思うと、「作品をひっかきまわした元凶が何をいまさら」とも思ってしまいます。
 とはいえ、当日に園田氏が何を語るのか、自分も興味はありますけど。良くも悪くも。
 語るのが「自分の設定の方が上だ。監督や他のスタッフのせいでうまく行かなかった、アニスは俺のもんだ」みたいな内容だったら、本当に脚本家・作家として唾棄すべき人物と自分の中で認定しますが。

 おそらく、ボーグマンはもうリブートもリメイクもされないでしょう。
 当時を偲ぶイベントなどでも、「菊池氏とそのビジュアル」以外は価値も魅力もない、ゆえに掘り起こす必要性もない。そんなふうに捉えられてるようですから。
 園田氏は、どんなにラブコールしたところで、設定の整合性を無視するあの人の作風では、昨今のアニメファンが受け入れるとは思えませんし。

 ……改めてこうやって言ってみると、なんか本当に悲しさと虚しさとを実感してしまいます。かつて好きだった作品ゆえに、こういう事を言うのは自分としてもいい気分ではないですが。
 根岸監督による、ボーグマンの令和での再起動。自分もちょっと見てみたかったです。

 では。
Posted by 塩田多弾砲 at 2019年12月06日 23:18
>塩田多弾砲様

レスこっちにまとめました。

うーーーーーん(困)、イベントは成功して欲しいと思うのと同時に、私的に地雷要素が多い内容となってしまったことで、複雑な感情が大きくなってしまって申し訳ないやら何やらですね。
イベント行くような方々だったら、根岸監督と園田&菊池両氏の溝の深さは予備知識として備わってると思うので、わたしが勝手に抱えている懸念が杞憂に終わると思いたいですね。ボーグマンの終盤の盛り上がりと最終回は根岸監督の最高の仕事で、園田氏には絶対に成し得なかったと思うし。
しかし、あの御仁がイベントで「あれ? 最終回って園田さんの脚本だったっけ?」と参加者が錯覚するようなことを云いそうな気はしてます。34話の裏話だったら興味ありますけどね。ダストジードのあの顛末はスタッフ内でどれだけ議論されて決定したのかとか。
あーでも會川氏絡みのアクシデント発覚の時に、會川氏を非難するTLを見かけて、(元から會川アンチであったとしても)他のスタッフに敬意を払えないファンとは絶対話が合わないな…と思ったので、そういう(菊池ビジュアル至上主義な)向きの方が多かったら嫌ですね。

正直、TVシリーズ本編の深いところにまで関わらなかった菊池氏と、最後まで自分の構築した世界観とアニスにこだわり続け、本編をきちんと向かい合わなかった園田氏を重宝するようなイベントで何が得られるのかと、そう思ってしまう自分が悲しいです。園田氏の仕事をすべて否定する気はありませんし、園田氏も思うところは相当にあったと思うので、そこを冷静に語るのであれば聞きたいし認識も改めますが、どうでしょうねえ(懐疑)。
まあ、業界人の誰も菊池氏以外に目もくれないのであれば、ボーグマンが再評価されることはないだろうなと、実に腹立たしいです。

>「ああ、この程度の作品なのか」と、したくないのに

ほんとコレです(虚)。

ジュエルペットってそんなカオスな作品だったんですか。前番組のマイメロほどのクオリティではない的な評判を二次裏でちらっと聞きかじったせいで、(マイメロに思い入れがあったのもあって)見てなかったんですが。サンリオが海のように広いこころーなのはマイメロママとうさみみ仮面で思い知らされてましたヽ(´ー`)ノ

>根岸監督としては
>「終わった作品であり、語るような事はもう無い」
>「それ以前に、色々苦い思いをしたから、語りたくない」

自分が語ってもファンは興味を持たないとも思ってらっしゃるかも知れませんね。菊池氏のお陰で人気を集められたのであって、作品そのものの反響に手ごたえを感じてなかったかも知れませんし。加えて作品よりもアニスに肩入れして造反したスタッフもいた訳ですし(ネチネチ)。

もう31年経つんだから、オトナとして何かまともなイベントやって下さいよ…が偽りない本音ですが、歩み寄りを困難にするほどに、各スタッフにとって思い入れのあった作品なんでしょうねボーグマンは。それがまたやるせないです。
Posted by はらよしかず at 2019年12月10日 22:10
>はらよしかず様

 正直なところ、おそらく園田氏は色々と顔も広く、それなりに「影響力」も強いのでしょう。だからこそ、欠点だらけの脚本内容でも、こういうイベントに呼ばれたかと。
 ただ、

>他のスタッフに敬意を払えないファンとは

 ファンのみならず、園田氏本人も、そういうところがあるように今では感じられます。
 自分が以前から有してた不信感や、こちらで伺ったお話しなどから察するに、園田氏は「他者への敬意がまるでない」「しかし、本人は敬意は払っているつもりでいる」と気付かされました。
 最後まで本編の設定に向き合わず、アニメ誌の取材や誌上での設定披露で「自分が考えた設定」ばかりを垂れ流し、実際の作品のそれと食い違ってもお構いなし。当時と今とでは環境が異なっていた事を差し引いても、園田氏のこういう言動からは「他者(およびその他者が手掛けた作品)を大事に扱おう」という気は、まるで伝わらず。
 そして本人は「自分は敬意あるし、大切に扱ってる」と思い込んでいる。
 そういう人間が、今回のイベントのような閉鎖性の高い集会で何を語るのか。嫌な方向にしか想像できません。

 菊池氏に関しても、そのビジュアルはボーグマンにとっては重要な要素ではあります。ですが、あくまでも作品を成り立たせるピースの一つであり、全てではないですが。
 しかし、ファンは(自分も含め)、そのビジュアル面しか見てなかった。「上っ面」のみしか見ておらず、ストーリーや演出や、その他の要素にも存在する「魅力」や「欠点」などに、ことごとく気づいていなかった。
 それに、菊池氏のビジュアルが無いボーグマンを「ラストバトル」で実現したら、とたんに人気がガタ落ちになった……という事も、「ビジュアル面しか見るべき点は無い」事の証明になってしまったかと。

 根岸監督や、会川氏など、他のスタッフ諸氏はそういう点に気付き、結果、ボーグマンなんか思い出したくもないとそっぽを向いた。そんな思いがどこかに存在してるんじゃないかと。
 菊池氏にとっては「初めてのキャラデザイン担当作」「アニスという人気キャラを産み出せた」ことから、思い入れがあるでしょうし、あって然るべきでしょうが。
 園田氏にとっては、数ある自分の欲望をぶちまけるための「手段」というか「器」というか、そんな身勝手な思い入れの方が強く伝わってきてしまい、反吐が出ます。


 思うに、もしも「ラストバトル」を、ストーリー面はそのまま、ビジュアル面のみ(キャラデザ、作監)に限定して菊池氏が参加したとしたら。
 作品自体の欠点は指摘されはしても、本橋氏ビジュアルよりも好意的に見られていたかもしれません。

 自分も、あくまでもイベント自体は成功してほしいですし、考える心配事は杞憂で終わって頂きたいですが。
 なにより、こういうしがらみ無し、ビジュアル面のみに偏重せず、ちゃんとした形でボーグマンという作品の再評価、その長所と短所の指摘と分析を、為してほしいと思っております。ただ、そんな当たり前のことが、なぜかできずにいる事が、もどかしくも残念ですが。



>ジュエルペットってそんなカオスな作品だったんですか。

 一応、アニメは七作ありますが、シリーズごとに世界観や登場人物、設定、その他全てを一新して……という形になっています。
 共通するのはジュエルペットのみで、その設定も一年ごとにリセット。次の年になると同じジュエルペットでも去年と違う性格に……という扱いに。
 だから、去年は穏やかな性格のジュエルペットが、次の年の作品では意地悪になったりとか、去年は友達想いなのが、今年は嫉妬深いとか、実に様々です(ただし、声優は同じ)。
 この作品ごとに世界観と設定・性格が異なる要素は、後にメタネタ的に劇中に取り入れられてたりも。

 一作目の無印は、レギュラーキャラをモー娘の人が演じてたりしましたが、あまり注目されずに終わった作品に。
 しかし二作目「ジュエルペット てぃんくる☆」では、良質かつ王道的な女児向け作品を見せてくれました。

 カオスになるのは、三作目「ジュエルペット サンシャイン」からで、前二作以上にギャグアニメとして過激化。
 上記のエアロスミス以外にもパロディが多く、ビートルズやサイモン&ガーファンクルや太陽にほえろなどのスコアも使用。
 ジュエルペット以外のキャラも、普通の人間以外に「ヤギ」「ゴリラ」「蚊」などが準レギュラーで存在してたり(設定的に擬人化ではなく、実際の生物として登場。ただし学園で一緒に授業受けてる生徒扱い)。
 ちなみに、根岸監督の手掛ける同作に登場する「イルカ先生(イルカだけど熱血教師。ただし歩けない普通のイルカなので、陸上ではキャスター付き水槽に入り移動)」も、サンシャインからの登場です。

 次作「ジュエルペット きら☆デコッ!」次々作「同 ハッピネス」からは多少おとなしくなりましたが、ギャグアニメとしてはそれなりの佳作に。
 6作目「レディジュエルペット」ではややシリアス、7作目「ジュエルペット マジカルチェンジ」では再びハイテンションギャグものに戻りました。

 自分のお勧めは三作目「サンシャイン」の他、二作目「てぃんくる☆」ですね。見て決して損はないです。
 というか、この二つを押さえたうえで他のを見るべきかなと。マイメロがお好きなら、おそらく気に入られるかと。

 いつもながら長くなり失礼しました、では。
Posted by 塩田多弾砲 at 2019年12月11日 15:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。