2020年09月22日

【誕生日】響リョウ脚本家別考察スペシャル【おめ】

体調はぼちぼち回復してきてるんですが、あつ森が忙し…もとい諸処手が回らず企画を練る余裕がなかったので(正直5回目ともなるとネタ出しが苦しくもあり)、モーリーでやった脚本家別のリョウ分析です。アニスでやった作監別もちょっと考えたんですが、主人公とはいえ男キャラでやっても女性ファンしか楽しくないかもなあ…と思い、テキストの合間に挟む形にしました。
ぶっちゃけ、リョウは13話と22話と最終回を押さえればキャラの全容が見えると云っていいぐらい、この三本が響リョウという主人公を描き切ってるンですが、それ云ったら今回の記事が終わってしまうので、誕生日だし語れるだけ語ってみようかと。モーリー特集同様、脚本家及び作監陣の名前は敬称略とさせていただきます。

qts12 3.jpg

【池田好美】とにかくリョウがギャルい。


【岸間信明】

岸間氏と云えば神回22話で「教師でありヒーローであり周囲に目配りできる好青年でもある」という多角的な面からリョウを描き切るという、園田&会川両氏もできなかった離れ技を成した方です。が、1クール目は夏目想太郎の設定にかなり引っ張られた形跡があり、3話で遅刻を責められて弁明する場面や、9話で水上バイクを乱堂と共にカスタム中にドタバタする姿にそれは見て取れます。夏目想太郎から脱却したのは12話で、シンジを心配する子供たちを優しくなだめたり、シンジに疑惑を持たれたアニスに助け船を出したりと、自己主張より周囲の人々の思いを優先する青年としてリョウを据え、この流れが直結した13話で(岸間&会川氏的には)キャラクターがほぼ確定した印象です。脚本家陣ではいち早く「脱・想太郎」に切り替えた方で、おそらく根岸監督の意向を重視するようになったんでしょう。
2クール目以降はほとんどやんちゃしなくなり、安心して見ていられる主人公となりますが、そこが物足りないと感じた視聴者も多かったかも知れないですね。少なくとも「JJの踏襲」を期待していた向きには肩透かしだったかも。
岸間氏の場合、後半に行くほどリョウの「空気を読む」面を重視していったせいか、ヒーローとしての存在感はちょっと薄くなったかも知れません。リョウだけでなく、キャラに関しては22話で全部やり切ってしまい、以降は根岸監督が考えるストーリー構成ありきで脚本を仕上げていったのかしら。終盤はメモリー以外のキャラの掘り下げはほとんどされなくなっちゃったんで。

qts13 5.jpg

【松尾慎】カッコいいに全振り。


【会川昇】

13話で、響リョウという主人公の方向性をほぼ決めてしまった方ではないでしょうか。13話以前は夏目想太郎の範囲でしたが、それだと動かしづらかったのか(テーマが見えず苦慮した時期に書かれたという)、10話は本来なら主人公の行動であるはずの「身を挺してシロウ君を救出する」役割をチャックが担ってました。13話は「リョウたちの過去を(ダストジードと絡めて)描きたい」会川氏の想いが込められた回で、そこを描いた上でないと響リョウが掴めなかったんでしょう。それ以降から岸間リョウ同様の好青年路線となり、チャックと喧嘩してもすぐに反省したり(16話)、メモリーのえっちなお誘いを期待したり(19話)と、リョウのキャラの幅を広げたのも会川氏だと思います。
13話から16話の流れを見ると、「妖魔に夢を砕れた」という怒りと、だからこそ子供たちの夢を守りたいという信念をリョウの芯にすることが、会川氏にとって重要だったと思われます。根岸監督は「メモリーの信念」が最優先、園田氏は先ず3人の教師と子供たちの交流を描きたかったと思われるので、会川氏がいなかったらリョウの性格付けはしばらく迷走したかも知れません。監督からもシリーズ構成者からも二の次にされていたことが、ここに窺えるのがちょっと哀しいですけど。

qts08 8.jpg

【野中みゆき】とにかくモミアゲ。


【園田英樹】

わざわざ三番目にした理由はお察しだと思いますが、自身が創造した初期主人公の夏目想太郎にこだわり続け、響リョウとなかなか向かい合わなかったが故に、岸間&会川氏のキャラメイクに同調しなかったのが園田氏です。13話の会川氏、22話の岸間氏のような、リョウの決定版的なエピソードがないことがそれを物語ってます。28話はアニスメイン、34話はダストジードとメモリーの因縁の決着が中心で、リョウは終始影が薄かったし。
園田氏がどういう主人公にしたかったのかは、11話がいちばん分かりやすい気がします。チャックにからかわれてぐぬぬしてケンカを吹っ掛け、アニスやメモリーに叱られ子供たちからも下に見られがち。でもやる時にはやる。この「やる時にはやる」の部分がイマイチなんですよ。これ、おそらく園田氏は、クロノスのロム兄さんのような外連味とセットの口上をボーグマンにやらせたかった(初期設定と7話クライマックスのアニスでそれは窺えます)のに、それが成せなかったのが理由じゃないかと。たぶん根岸監督がやりたくなかったんでしょう。
クロノストークショーでもそれっぽいことは漏らしてましたし、根岸監督もインタビューで明かしていたことですが、園田氏が手掛けた脚本回は絵コンテでかなり変えられていたんじゃないでしょうか。重箱の隅レベルですけど、単細胞かと思ったらBパートで好青年の顔になったりと、あれ? と思うことが多いのは大抵園田脚本なので。
園田脚本のリョウのいい話と云えば20話ですが、アニメ誌のあらすじでは「迂闊な言葉でサオリちゃんを期待させてしまい、困ってメモリーを頼った(意訳)」とあり、これも夏目想太郎前提で考えていたエピをそのまま脚本に起こして、演出で変えられた可能性を疑ってしまいます。何と云うか、想太郎はノリの軽いお調子者でリョウでもそこを変えずにいて、絵コンテや演出で想太郎のエッセンスを削られたり抑えられたりで調整されてたんじゃないかと。園田氏的には響リョウは「ロムの下位互換」で、物足りない主人公だったのかも知れませんなあ。
それで済めば分からんこともなかったんですが(夏目想太郎がリョウ以上の主人公になれたとは微塵も思えませんけど)、アニスに入れ込み始めた後の冷遇と、露骨なりょあに否定だけはやっぱりいただけませんなあ。これがなかったらもうちょっと同情できたのに。多分。

qts35 4.jpg

【本橋秀之】世界一かっちょいいメット割れからのカウンター。


【根岸弘】

最終回のみ監督が脚本を手掛けられましたが、ブルーレイBOXのインタビューによると、打ち切りが決定し全35話になると決まった時点で申し出られたそうです。本来なら園田氏の予定だったんでしょうね。監督がボーグマンをどういう物語にしたかったのかは、最終回と総集編の31話で明らかにされてます。園田氏との認識のズレが明確になってて興味深いんですが、これは別の機会に。
シンジとの最後の会話で、リョウの教師としての成長が描かれたのですが、リョウの“説得”は会川脚本の29話がベースになっており、監督的にもリョウは会川氏の解釈を是とした主人公だったと思われます。妖魔王との最終決戦を前に、悲壮感を見せずに「さあ行こうか」と笑顔で変身して怯まず最後まで立ち向かう姿を描き切り、主人公としてヒーローとして最高の見せ場を用意していたのが素晴らしいです。シンジだけは許しがたいですけど。
脚本ではないですが、FOREVERの演出で「戦いを離れたらシャイな普通の青年」とリョウを解釈していたことが窺えます。

そういうカンジのリョウ誕でした。もうちょっと練り込みたかったんですがこれが精一杯でした(´・ω・`)もっと回復したら補足したいです。
posted by はらよしかず at 18:18| Comment(3) | ボーグマン
この記事へのコメント
>はらよしかず様

 お疲れ様でした。体調はまだ全快ではおられないようですが、どうかご無理なさらぬよう。いきなり暑いとこが寒くなり、自分もちょいとばて気味です。

 こうして見てみると、想太郎案からの脱却が、響リョウというキャラの成立に関係してるとはっきりわかりますね。
 というか、想太郎のお調子者キャラを、なんでそこまで押したのか。教師キャラであっても、生徒と同じ目線……というか、生徒と同レベルの悪ガキにすべしってこだわりが強すぎたんだろうか、シリーズ構成は。

>おそらく園田氏は、クロノスのロム兄さんのような外連味とセットの口上をボーグマンにやらせたかった

 思うに園田氏、クロノスでうまくいった事をボーグマンにも持ち込み、剣狼に関連付けたかった……ってな目論見もあったのでは。
「(園田氏にとってリョウは)ロムの下位変換と思っていたのでは」と仰られてますが、だからこそロムと全く異なるキャラとして、「真面目なロムと対称的な存在になるように、想太郎を設定」したつもりだったのかも。
 ロム・ストールと異なるキャラとして想太郎を設定したのに、なんでロムの出来損ないみたいなキャラにしたのか……とでも思ってたとも思えますね。

 こうやって並べてみると、園田氏より、岸間氏と会川氏の創意工夫が改めて感じ取れます。
 岸間氏が描いたリョウの多面性と、そこから生じる魅力。確かにこの点が無い事には、リョウは想太郎とどっちつかずのハンパキャラになったかと。
 そして、会川氏により、岸間氏のそういった「想太郎から離れ、キャラとして整理したところ」に、「キャラの信念のようなもの(この場合、『宇宙飛行士の夢破れたが、ゆえに子供たちを守りたい』という動機)」を付加。
 このお二人のこれらのキャラ創作を鑑みると、俺様な唯我独尊を通そうとしたシリーズ構成よりも、ずっと誠実さが感じ取れます。つーか、想太郎がそれほど魅力的ではない、もしくは作風に合わないって、なんで理解できんかったのか、シリーズ構成様は。

 とはいえ、岸間・会川両氏により整えられたリョウには、どこか強烈なキャラの個性というか、性格というか、そういうものがやや物足りなく感じたのも事実ですが(これはアニスにも感じられるのですけど)。
 このあたりは、根岸監督の初監督作ゆえの不備なのかもしれませんけど。

 思うに根岸監督。後年にラムネ&40で決め台詞および、キャラにはっきりした、かつ強烈な性格付けを施したのは、このボーグマンにおいてのキャラの性格付けを反面教師にしたせいなのかしらん。

 しかし、会川氏の解釈を是としてたのなら、ラストバトルでNASAに戻りロケット技師してたリョウは、ほんとに悪手だったとしか思えんよなあ。メモリーへのこだわりがあったとしても、なんでそんなふうにしちゃったのとしか。

 それでは。
 いきなり寒くなりつつありますが、どうかお体をお大事に。
Posted by 塩田多弾砲 at 2020年09月23日 10:35
>塩田多弾砲様

唐突に秋がやってきましたよね。無理なさらぬようにご自愛くださいまし。

>なんでそこまで押したのか。

企画書の気合いの入り方からしても、園田氏の考えたボーグマンは想太郎でないと構築できない世界観だったんでしょう(特に学園関係)。それでも妖魔関係の設定まで宙ぶらりんになったのは解せませんし、クロノスを見る限り当時は細かく伏線を張るような構成をされる技量があったとも思えないですけど。超者の構成はなかなか上手いですけどね。
ぶっちゃけ、想太郎が没になった時点で、モチベが落ちた(不貞腐れた?)というのはあったかも知れないですね。オレは想太郎で坊ちゃんがやりたかったのにできないんじゃ意味ねーじゃん! と。

>「真面目なロムと対称的な存在になるように、想太郎を設定」

あー、それはあるかも知れないですねー。スポンサーサイドもJJを意識したやんちゃ系を期待していたかも知れませんし、無茶も無謀も上等! なアクティブな主人公を構想していたのかも。園田氏的には仁が高校生になったら想太郎になるんでしょうか。

>岸間氏と会川氏の創意工夫が改めて感じ取れます。

お二方とも、とりあえずリョウを「メモリーの意志を優先して行動する」主人公にしたかったと思います。Mr.ゴードの命令や仲間の忠告を「てやんでえ!」とはねつけて強引な手段に出るJJみたいな「はみだし」主人公だと、メモリーありきの世界観が揺らいでしまう。リョウの物分かりの良さは「メモリーを曇らせたくない」ところから来ているのかなと。その辺は「メモリーが物語の中心」という根岸監督の意向を汲んだものと思います。会川氏は13話はずっとやりたくて温めていたエピだったようで、13話のためのキャラメイクだったかも知れないですね。
園田氏は多分、夏目想太郎を含めた初期設定の仕切り直しを後半で狙っていて、だから2クール目の終わりになっても、園田回だけはリョウから子供っぽさが抜けなかったんじゃないかと邪推してます。


そうそう、
>絶対謝らないマンの常連さん。

女性の方で、騒動が起きた当時は社会人1年生だった方でしたね。ワタルと云えばこのイラスト常連! というぐらいの人気者でした。ワタル「だけ」が好きな方だったので、シュラト等新作アニメについていけない的なぼやきから「シュラト? つまんないアニメ見てるほどヒマじゃない」発言に繋がったような(ウロ)。カミソリを送り付けられたことで、ますますシュラトのファンに頭を下げる気がなくなっちゃったんだろうなと。
「いくら腹が立っててもカミソリ送るなんで最低!」「カミソリはともかくあの発言はシュラトのファンに失礼だったのでは?」といろんな意見が飛び交いましたが、結局彼女の「仕事が忙しいんで投稿止めます」で誌上での論争が終わってしまい、「※個人の意見です」的なフォローもしないまま「シュラトはつまんない! つまんないったらつまんない! 自分の考えを正直に云って何が悪いの!?」を貫いてすごい強情だったなと。
単に「謝ったら負け」という考えの方だったと思うんですが、リアルでもああいう性格だったら周囲は大変だったろうなーと思ったのと、ワタル&グラン展の告知TLで、グランにも嫌な顔してたからどう思ってるんだろうなーと、ふと思い出しただけだったりします(なげーな)。
Posted by はらよしかず at 2020年09月25日 19:53
>はらよしかず様

 寒くなってきましたよね、お互い気を付けましょう。

 しかし、本当に園田氏。自分のアイデアに悪い意味で固執してしまう人間なんだなあと、改めて認識です。
 クロノスでアニメファンからこんだけ支持され人気も得たんだから、俺の設定と文芸に間違いはない。だからこれを変える必要はないし、そうするつもりもない、とでも思い込んでいたんだろうか。
 なんかほんとに、「ワガママが通らないと、なんもするつもりもない」みたいな人だったのかなあと(そういや超者では、初期設定では主人公たちは武道家かなんかだったのが、園田氏の鶴の一声でアイドルものになったとか。どっかで目にした覚えがあるです)。

>>岸間氏と会川氏の創意工夫が改めて感じ取れます。

>お二方とも、とりあえずリョウを「メモリーの意志を優先して行動する」主人公にしたかったと思います。

 確かに、メモリーの命令……というか、意志が優先されないと、リョウ(想太郎)は、本当にワガママでしかない、魅力的とはいえないキャラにしかならんかったでしょうね。仮に想太郎が規則破り上等を実行、でもメモリーの命令にのみ従うだったら、上の立場の人間に従うだけの意思のないヤツ、でしかないし。
 根岸監督もメモリーを重視し、リョウはメモリーのために戦う……というか、矢面に立てないメモリーの代わりに、自分が実戦に赴くという覚悟の元に出撃してたと考えると、納得です。

 それに加えて、想太郎時の企画案を見てないからなんとも言えないですが。どうにも想太郎時のボーグマンには、メモリーの存在が見えてこないんですよね。園田氏にとっては、メモリーはそんなに需要じゃないか、あるいは三人の保護者的な存在なのか。園田氏だから、その辺りはあんまり考えて無さげな気もしますが。

 しかし、妖魔が蔑ろにされてたのには、色々と理解に苦しみます。園田氏の妖魔の設定宙ぶらりんもそうですが、根岸監督も妖魔そのものを強引にでも説明や定義をしてほしかったのに、それらもなし。
 園田氏のワガママと、こういった内部の対立みたいなものが、スタッフ諸氏から妖魔の存在を忘れさせちゃったのかなー。


 絶対謝らないマンもといウーマンのレス、ありがとうございました。
 なんかわざわざ口にせんでもいい事を口にして、それを「認めろ、文句あっか」という人はネット上で無数に存在しますが。この頃から同じようなメンタルの人物は存在してたんだなあと、ちょっと気になった次第です。

 それでは。
 
Posted by 塩田多弾砲 at 2020年09月26日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。