2020年12月22日

【今年で】LOVERS RAIN考察2020【30周年】

lr-2020-3.jpg


予告通りラバレ30周年記念再考察です。と云いながら実は1年前に手を付けて放置していたテキストの続きの作業でした(白目)。本当は去年のイベントに便乗して発表したかった。
ブログはじめた当初にド長文の考察やりましたが、いろいろ再検証進めたことで認識が諸処変わりました。ぶっちゃけ、好意的に見過ぎていたかなーと思う要素が少なくありませんが、撤回するほどでもないというか(どないや)。
今回は2〜3回ぐらいに分けて、間を置かずに更新できたらなーと思ってますが思ってるだけです。

ラストバトルを見返す度に痛感させられたのは、ラバレが如何にラストバトルで根岸監督に「篩にかけられて落とされた」ファンの受け皿として機能していたか、菊池氏をはじめとする一部スタッフがラストバトルに不満を抱いたか、という点です。
ラストバトルから間を置かないタイミングでドラマCDが出たので、そっちを受け皿にしたファンも多いかと思いますが、わたしは(TVシリーズ終盤以降メインから外れたことで)一旦大人しくなった園田氏を調子づかせたギルティアイテムとして認識しております。菊池氏のカット目当てで再入手してますが、いまだに聴く気が起きないのもそのせいです。

下衆な見方をすると、ラバレのメインテーマである「リョウとアニスの恋愛関係の補完」は方便で、根岸監督に目にもの見せてやりたい、という「反根岸派」によるリベンジの産物がラバレで、その「逆襲」は間違いなく成功したと思います。おそらくその時には根岸監督の中でボーグマンは過去の経歴化していて、ラバレに関心はなかったと思いますが。もしかしたら、LD-BOXのライナーノーツにピックアップされなかったのは、根岸監督に当時を振り返る余裕がなく取材を断った可能性もあったりしたのかしらと。

で、本題ですが、ラバレの価値は内容を含め、アニメVと連動した「菊池通隆作監のボーグマン」のプロモーションで盛り上がったファンが、アニメVを通して発売に至るまで、スタッフと共にボーグマンを共有できた「お祭り」期間にあったんじゃないでしょうか。あの頃のアニメVは楽しかったよね…あ、余計なことは思い出さなくていいですよさないか押入れからアニメVを取り出そうとするのは!(荒ぶる語気)

lr-2020-1.jpg


アニメV1990年9月号より。ここからリリースまで連載記事が組まれます。菊池氏とは専門学校時代からのお付き合いだったという村山監督との親密度の高さが窺えますが、これぐらい信頼関係を築けるスタッフで固めないと作品作れなかったんだろうなあと。菊池氏ががっつり作監やったOAVって結局ラバレとゼオライマーだけですよね。

何度か書いてることですが、ラバレ発売までの菊池氏の仕事量が本当に半端なく、ボーグマンを手掛けたい、ファンが求めるものを提供したい、という情熱には今でも心打たれるものを感じております。続編への抵抗感を抱えたままラストバトルを発表した根岸監督と対照的だったと云わざるを得ない。

なんせ、

・作画監督&Bパート絵コンテ
・セール版ビデオ&LDジャケット(+特典ポスター)描き下ろし
・レンタル版ジャケット描き下ろし
・サントラジャケット描き下ろし&楽曲解説文寄稿
・アニメV連載記事参加&表紙イラスト2回
・劇場版パンフレットコメント寄稿
・上映イベント登壇
・FC会報インタビュー


これらの仕事のほとんどをやり遂げられてるんですよ(さすがに本編の作監はお手伝いが入ったそうですが)。麻宮名義の仕事も抱えていたことを思うと、よく過労で再入院されなかったなあと驚嘆します。作監の現場もPとの攻防があった等ギリギリの状況だったそうですし、本当に執念の制作だったんだなと。
ラバレが当時のOAVでも稀有と云ってもいい点は、「菊池通隆作監のボーグマン」の一点突破で、ラストバトル超えどころか90年の東宝アニメビデオで売り上げ1位という結果を残したことじゃないでしょうか。おそらく菊池氏は「ボーグマンはオレが参加しなきゃファンは喜ばないだろ!」と素で思ってたと思いますし、自分を外して一方的に完結したラストバトルに憤り、ラバレという「反論」を(リリース的に)成功に導いた。そのプライドと当時の人気、実力が「本物」であることを自ら証明した訳で、そこは再評価されていいと思います。こんなナチュラルボーン俺様企画でヒットさせるなんて、今でもなかなかできることじゃないと思うんですよ。

lr-2020-4.jpg


サウンドトラックのライナーノーツ。別のページで各曲ごとにコメントを付けていられます。それもサントラの付加価値になってるのが凄いところ。そして行間から垣間見える根岸体制への不満。TVシリーズもラストバトルも菊池氏的には相当に歯がゆい内容だったんでしょうね。

「超音戦士」の在り方をスルーして終わらせたラストバトルは菊池氏にとって納得のいく作品であるはずがなく、それはラストバトルで演出を担当した村山氏も同じ思いだった。ラストバトルの考察で飽きる程触れましたが、リョウとアニスが同棲に至るまでの「空白の期間」など三年後の登場人物たちを描く上で必要だったはずの設定を、根岸監督も岸間氏も他スタッフにきちんと説明してなかった(考えてなかった?)と思われます。アフリカ設定前提の岸間氏のSSでは、ラストバトルにはつながらないですしねえ。
アニメVの連載記事で、村山氏はラストバトル批判と取れるコメントを残しているので、スタッフ間でもわだかまりの残る現場だったのかも知れません。

内容は決して褒められたものではなかったものの(こら)、ラバレはスタッフとファンが一緒に打ち上げた最後の花火だと思えば、終始ファンに向き合うことなく幕を引いたラストバトルより、良心的な作品だったと思います。

ここまで褒めてますが、ラバレにも致命的な欠点が存在してます。はっきり云いますが「脚本」です。最初の考察で褒めちぎっていたわたしに云いたい。「もうちょっと冷静になって見たら園田氏はやっぱり園田氏だぞ」。(次回に続く)
posted by はらよしかず at 17:54| Comment(4) | ボーグマン
この記事へのコメント
 更新お待ちしてました!
 年の瀬でお忙しい事と思いますが、どうかご無理なさらず。

 ラバレは、自分も当時はアニメVの誌上でお祭り騒ぎだったのに便乗し、一緒にワクワクしてましたね。
 まあ、発売されて実際に視聴したら、期待値が高すぎた……ってのも実感しましたが。

 正直、ラストバトルのあのモヤモヤ感……もしくは「納得しがたい内容」に、一石を投じるようなものであってほしかったのですが。ある意味脚本が台無しにしちゃってる感がありますね。
(こう思えたのは、時間が経過した今だから……というのと、こちらでよしかず様からの様々なご指摘やブログの内容で見知ったから、というのもありますが)

 ラストバトルの、製作側の裏話や事情は色々あっただろう事は想像に難くないですけど、当時のファンとしては、やはり「TVシリーズのあの作風と世界観で、期待してたシチュやストーリーを見たかった」わけですし。
 ラバレは、少なくとも作画面では菊池氏が、そういう要素を理解し、なんとかファンにそれを提供したい、満足いくものを見せたい……と考えておられた事は、当時なんとなくですが感じ取っていました。TVシリーズ時とは異なるけど、あの菊池氏による「美麗な作画のボーグマンを見られた」という点は事実ですし。

 しかし、やはり内容なんですよねえ。問題点は。
 思うに、MIDNIGHT☆GIGSの「Forever」ではっきり描かれてなかった、「リョウとアニスの関係」を、ラバレでは何らかの形ではっきり見せたい……ってのもあったんじゃないかと。
 それに加えて、バルテクター着て妖魔とのバトルも見せたかったし、メモリーとの別れもちゃんと描きたかった……と、おそらくは色々と見せたい要素もあったと思われます。
 ラバレには、「菊池版のラストバトル」、あるいは「ファンが見たかったろうラストバトル」という意図があったのでしょうし、その狙いは間違っては無かったんですが……、
 それでも、当時の自分は満足できたかと問われると、「否」としか言えませんでした。これは今も変わりないです。

 その「否」の理由の多くは、やはりあのシリーズ構成様と、あの人の脚本から感じ取れる「ファンへの無理解と唯我独尊さ」って事は、こちらで書き込んだりエントリを拝読したりして、改めて気付かされましたが。
 それをさしおいても、なぜもっとまともなホンを書けなかったのか。あのドラマCDやカセットブックで調子に乗ったのみならず、こちらも根岸氏とは別のベクトルで、ファンと向き合ってなかったしなあ(あるいは、「ファンと向き合ってる『つもり』だった」と言うべきか。むしろあの人のことだから、そう思っていそう)。
 プロデューサーや当時の事情やファン層など、色々な問題があり原因はあったんだろうけど。
 次回のエントリの、致命的な欠点である園田氏の脚本についての考察も、ぜひ拝読したいところです。

 それでは。
Posted by 塩田多弾砲 at 2020年12月23日 00:09
>塩田多弾砲様

>期待値が高すぎた

記事の方でおいおい書いていきますが、脚本が足を引っ張ったと思ってます。菊池&村山両氏に比べ園田氏の情熱はほとんど見えず、そこが本当に残念です。
あと、園田氏に限った話でなく、スタッフが「ノー根岸・ノーラストバトル」すぎて台無しになった要素があるのもマイナスでしたね。ラストバトルはラバレでは成せなかった長所もあるにはあるので。
…レスしたい要素のほとんどが次回以降の記事のネタなので、今回は控えめにて失礼します。あ、ジェミーの情報ありがとうございました。ちょっと見るヒマがないので保留せざるを得ないのですが(;´Д`)

あとついったで既にご存知と思われますが、以前教えていただいた横山御大のFX批判コメントを読めたんですが、御大の返答があまりにぞんざいだったせいで、作者とはいえソースとしてどうかなあ…とちょっと考えてしまうインタビューでしたね。たまたま機嫌が悪かったのかしら…。今川監督と親交があったせいで、OAVジャイアントロボには寛容だったととしあき情報にありましたが、あれが目安ならそら自作の映像化作品全部気に入らないだろうと。
まあ園田氏がきちんと御大とコンタクトを取らずに「オレの考えた原作よりすっごい鉄人設定」を敢行したせいで、おヘソを曲げられたのはなんとなく察せましたが、そこはPの責任も大きいんじゃないかと感じました。wikiざっとチェックしましたが、監督不在だったりしかし脚本家陣はそこそこのメンツだったりと不思議な作品ですね…。
Posted by はらよしかず at 2020年12月26日 22:32
>はらよしかず様

 ジェミーの情報、お役に立てたようで幸いです。
 しかしまあ、ラバレもラストバトルも、どちらもそれぞれに問題をはらみ、素直に喜べない作品になってしまった事は、どこか共通するものもありそうです。
 あと、ラバレの場合。園田氏の情熱の無さ、やる気の無さも問題でしたが。仮に園田氏がやる気十分だったとしても、それはそれで問題がありそうな。りょあにを絶対にくっつけてたまるかという本音を隠しつつ、なんだかんだで「リョウとアニスは別の道を行く。いつかは戻って来るかも」みたいな展開にしたりして。
 とりあえず、次回の考察に期待しますね。

>以前教えていただいた横山御大のFX批判コメントを読めたんですが、御大の返答があまりにぞんざいだったせいで、作者とはいえソースとしてどうかなあ…とちょっと考えてしまうインタビューでしたね。

 あのインタビューが掲載された書籍は、今も手元にあります。
 まあ、あれは面と向かって直接インタビューしたわけでなく、横山御大が体調不良のために書面によって行ったもので、不十分な点や行き違いがあるとの事。横山氏も全部で88の質問に、あまり長々と書き込んでの回答は出来なかったものと思われます。

 で、同書には「太陽の使者」およびFXの総監督をつとめた、今沢哲男氏のインタビューも掲載されています。
 それによると、FXに関しては
:「遠い海のCOO」とかちあったが、COOが遅れたため参加できた。
:こちらの方が(太陽の使者よりも)マニアックな気がした。設定を作ったのは園田氏。
:原作の40年後が舞台という設定も、園田氏が考えた。しかし自分としては、昔の正太郎のイメージもあるため、正太郎が大人になって出るという設定が本当によかったのかな、という気は当時からあった。
:設定は斬新だったが、視聴率は奮わなかった。

:FXでは、横山氏が旧鉄人をそのままのデザインで出していいと許可をもらえた。
:昔の鉄人が出た事は、視聴者の反響も大きかった。アニメーターも旧鉄人の方を描きたがっていた。
:スポンサーが、昔の鉄人ばっか出すなと言われ、出番が少なくなった。

 更に付け加えると、FXを紹介するページでも、当たり障りのない作品の説明がなされているのみで、ベストエピソードに関しても旧作の鉄人と関連性のあるものをとりあげ、FXそのものの魅力や面白さなどはスルー(書きたくなかったのか、そんなものは最初から無いのか)。
 挙句の果てには、「大部分のエピソードは、普通のロボットアニメに過ぎない」「中途半端な出来」「失敗作」と記してます(太陽の使者の方は、「原作とのギャップを気にしなければ、すばらしいアニメと言えるだろう」とまで言ってるのに)。

>園田氏がきちんと御大とコンタクトを取らずに「オレの考えた原作よりすっごい鉄人設定」を敢行したせいで

 おそらくは、横山氏はその点に立腹されたんじゃないかと。自分も当時に僅かですが本作を見てたら、とにかく園田氏の脚本からはどっかウザったさが伝わってきましたし。
「俺が名作を今風のイケてる作品に仕立て上げるぜ」感があり、ちょっとイヤでした。正太郎の息子、金田正人も何かと「俺はヒーローだ」としつこかったですし(ある意味、シンジよりも悪質かも)。
 ここでも「思い込んだらそれ以外の選択肢は選ばない」「ファンが何を見たいのか、何を求めてるのか、それを理解してないが、自分は理解したつもりでいる」という悪癖が伝わってきます。本当に、他者の作品をぞんざいに扱う事しかできん人だったんだろうなあ。

※余談ですが、FXでは劇中に「OVA版Gロボっぽい外装をFXが付けて、それを破壊してFXが姿を現す」……という、思わせぶりなシチュがあります。

 それでは。
 年の瀬で寒さも厳しくなってきますが、どうかご無理なさらずご自愛くださいませ。
Posted by 塩田多弾砲 at 2020年12月27日 01:54
 すみません、FXについて自己レスです。

>FXでは劇中に「OVA版Gロボっぽい外装をFXが付けて、それを破壊してFXが姿を現す」……という、思わせぶりなシチュがあります。

 上記レスについての画像は、以下のブログの当該記事にて見られます。
http://blog.livedoor.jp/robosoku/archives/48447035.html

 これも園田氏の仕業……とは言いませんが。
 しかし、ちょっとした製作側のパロディだったにせよ、原作者サイドから、
「好き勝手弄られた鉄人の作中で、自分が気に入っている作品をコケにするとはどういう事だ」
 みたいに思われるとは考えなかったんだろうか。

 あと、FXに関しては、鉄人というロボットそのものもそうですが、それを操る「少年探偵団」の設定も、旧作の鉄人とはかなり趣が異なっています。
 あくまでも推測ですが、FXは時期的にライジンオーの後に製作・放送されています。なので、「鉄人も、成功したライジンオーみたいにしよう」とでも考えていたんじゃないでしょうか。
 この設定の良し悪しはともかく、旧作鉄人とのすり合わせはあまり考えてなかったようで、結果はお察しですが。

 とはいえ、視聴率は奮わずとも、玩具は結構売れたようなので、スポンサー(タカラ)的には良かったのかもしれませんが。それでも旧作の鉄人ファン諸氏にとっては、不満やモヤりが残る作品だった事は否めないかと。

 というわけで、補足でした。
Posted by 塩田多弾砲 at 2020年12月27日 13:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。