2020年12月29日

【12/27】LOVERS RAIN考察2020その2【30周年】

初っ端から謝罪です。ラバレの発売日を12/30と勘違いしてました27日でした。もう過ぎてました30周年。そんなド年末に発売してた訳がないのにorz
誰にでも思い違いはあるということで嗤って許していただきたい(何)。

さて本題。
前の記事でラバレはファンとスタッフの「お祭り」としましたが、このお祭りに乗れなかった唯一のメインスタッフが園田氏だったと断言します。そもそも、ラバレのスタッフに園田氏の名があったことは、当時から園田氏がりょあに否定派だったことを察していたわたしにとって、非常に違和感のあることでした。ですが当時は「お祭り」の勢いもあり、園田氏がやっとりょあにに向かい合う気になったんならそれで良し! で流してました。

が、年月も経ち再燃を経て更に冷静になって見直すと、村山&菊池両氏と同様、根岸監督に一矢報いるために参加しただけで、りょあにに対する愛着どころか、そもそもボーグマンに対するモチベ自体が低下してたんじゃないかと思えます。クロノスやボーグマンTVシリーズ当時の、あの御仁の雑誌媒体の露出ぶりを思うと、モチベがあったらアニメVの連載記事にちょっとでも参加していたはず。V-バージョンとFC会報のインタビューには参加されてましたが、内容にあまり触れようとしてない辺りでお察し。
それまで頑なに否定していた「リョウとアニスの恋愛関係」、夏目想太郎ほどに愛着を持てなかった「響リョウ」と否応なく向き合った結果、リョウとアニスそれぞれのキャラメイクに於いて、ラストバトルと似て異なる違和感をファンに与えることになったと思います。

lr-2020-2.jpg

lr-fc-2.jpg


園田氏のインタビュー再掲。園田氏の中にはインタビューにある「ヒロインに愛されるヒーロー」というテンプレートが既にあり、その上にリョウとアニスを乗せただけで、ロムとレイナに互換可能なぐらいにキャラは掘り下げられてません。下手したら思春期迎えた仁とマリアにも互換利くんじゃないかしら。
園田氏のこだわりが見えるのは、序盤の公園のベンチで会話するリョウ&チャックと、ラストのカップル2組&サンダーのメタネタ絡めた会話のみで、主題であるリョウとアニスの関係性は、村山監督のオーダーに応えて書き出しただけ。と勘繰るレベルで愛情が感じられません。下手したら「悩めるリョウに拒絶されても尚尽くそうとするアニス」の構図を先に考えたのは園田氏で、村山監督は制作の都合上、それに従うしかなかったんじゃないかとすら思ったりします。脚本が二転三転したというラストバトルと逆で、プロットをひとつしか出さずそのまま脚本作業に入ったんじゃないかと。

「メモリーを喪った悲しみを引きずるリョウ」「立ち止まったリョウを励ますアニス」「そこに付け込む妖魔の残党」等、パーツ自体は別にアリなんですよ。そのパーツをパチ組みしただけで、塗装どころかパテ埋めもヤスリがけもされず段差が丸見えのプラモデルのような安っぽさ。素人の手慰みならともかく、元シリーズ構成者が「商品」を手掛けてコレというのが今更ながら泣けてきます。まあ話として成立すらしてなかったライトニングトラップの100倍はマシですけど。

TVシリーズの園田脚本回、アニス主役のSSやドラマCDを思い出してみていただきたい。リョウに理不尽になじられたら、ブチギレて部屋が半壊するレベルで殴り返すのが「園田アニス」なはずで、悲しげに黙り込むなんてあり得ないでしょう。
もしかしたら、ラバレのアニスはあくまで「ラバレ専用のアニス」であり、自分が思い入れて描いてきたアニスではない。と一線を引く意図が園田氏にあったのではないか。実際その後リリースされたカセットブックでは、アニスがリョウのことなんか好きな訳ないでしょ? と云わんばかりの(ふたりのやりとりの)刺々しさ、頑なな否定しかなかった辺りに、それが感じられます。
剣狼1で、レイナは「レイナ・ストール」を演じる女優とされていたので(何でか2と3でその設定はきれいさっぱり忘れられましたが)、園田氏の脳内では、ラバレのアニスのリョウへの恋は「演技」という設定だったんじゃないかと思います。ラストシーンが終わった瞬間に、リョウをボッコボコにするアニスというエンドロールもあり得たかも知れないですね(棒)。
小説版の発売をぺろっと告知してましたが、結局出なかったのはどういう事情なんでしょうね。そこまで進んでたならモノは書き上がっていたと思うんですが。勝手な想像ですが、菊池氏のスケジュール絡みじゃないかなあ…当時の富士見書房のビジュアル最優先主義を思うと(富士見には仕事で関わったこともあるので)、菊池氏が描かなきゃ売れないから出しません(完)ぐらい余裕であり得ますし。

話を戻して。ラバレがファンに与えたいちばんの違和感は「悩めるリョウ」じゃないでしょうか。確かに立ち位置は(ハッサンの傀儡だった)ラストバトルとは比べ物にならないぐらいに「ボーグマンの主人公」として描かれていますし、菊池氏はアニス以上にリョウのヒーロー性に拘ったのではと思う位に、彼を丁寧に演出されてました。
ですが、リョウはTVシリーズでは一貫して「誰に対しても優しく人を傷つけることを嫌う」青年として描かれており、ぬこ妖魔の罠で「メモリーを救えなかった悔恨」に追い詰められていたとしても、チャックとアニスの気遣いを邪険にしたり、2人を遠ざけたりするリョウの姿にはやっぱり疑問が残ります。
最初の考察でも触れましたが、ラバレのリョウは教師でもなくヒーローでもない「ただの響リョウ」であり、そうしないとアニスとの恋を始められない。それは理解できるんですが、ラバレは最初から最後までリョウ本来の好青年な面がほとんど描かれないままで、この点に関してはラストバトルのリョウの方がまだ(ファンのイメージ的に)しっくりいくんじゃないでしょうか。

また詳しく触れたい部分ですが、「超者ライディーン」の主人公が終盤、ラバレのリョウと同じように苦悩し廃人化する下りがあり、園田氏の作劇上のこだわりというか、手癖みたいなモンだったんじゃないかと思えます。そういえば無印ポケモンでサトシがライバルのヒロシ君に敗北した後、荒れまくって気遣うカスミにも当たり散らしてオーキド博士やお母さんに窘められても頑なな態度を崩さなかった場面があったっけ…「主人公の苦悩」のバリエーションなさすぎじゃないですかね。

個人的にですが、右手に異常を感じたリョウが、それを悟られたくない一心でアニスとチャックに心にもないことを云ってしまう、それを不本意とする描写があれば印象が変わったんじゃないかしら。そういった配慮もなく(園田氏が重視したのは「アニスのリョウに対する献身」だったようですし)、演出と松本氏の演技によるフォローで、かろうじて響リョウが成り立った作品だと思います。特に松本さん、ラストバトルとラバレ、どちらもTVシリーズから微妙にブレた響リョウだったのに、声の力でファンを「説得」したのは本当に凄いと思います。

しかし何が哀しいって、ラバレは剣狼シリーズと違い、園田氏の存在はさほど重要ではなく、誰が脚本を担当しようがファンの評価は変わらなかったと断言できる点です。ラバレは「菊池通隆作監のボーグマン」であることがすべてで、リョウとアニスがどういう結ばれ方をしようが、菊池氏が関わっていれば誰もが受け入れる。それぐらい当時の菊池氏の人気と寄せられた期待は絶大なものだった。「アニスの生みの親」「ボーグマンの原作者」という自負があったはずの園田氏が、菊池氏を乗せた神輿を持ち上げる「裏方」に回された訳で、剣狼伝説等でのジャイアンぶりを思うとモチベーションがあったとは思えないンですよ。
「ライトニングトラップ」でアニスを使えなかったことも、園田氏のモチベ低下に影響しているのではと思ってますが、長くなるので別の機会に。ただ「レイナVSアニス」が園田氏主導で実現していたら、その後のボーグマンの在り方やリョウとアニスの関係は大きく変わっていたんじゃないかと思います。「アニスとレイナは園田プロダクションの女優」という後付け設定を全面に出していたら、ラバレでリョウとアニスがくっつこうがラストバトルで同棲していようが、「あれは演技です」で否定できますし。おすし。

特に云いたかったことを優先してしまいましたスミマセン。次回はラバレ良かった探しを優先します。ラストバトルよりはいっぱい褒めますヽ(´ー`)ノ
posted by はらよしかず at 20:43| Comment(3) | ボーグマン
この記事へのコメント
>はらよしかず様

 以前も書き込みましたが、ラバレのリョウには、自分もまた違和感がMAXでした。あれだけ妖魔と戦ってきたのに、なんで今更落ち込むのかと。
あの頃のリョウだったら、無理して明るく振る舞い、周囲に心配かけまいとするだろうに。本作ではなぜか周囲を遠ざけ、一人殻に閉じこもり、ウジウジと悩みまくるという、「本当にこれがあのリョウか」と疑問でした。正直、こんなリョウは見たくはなかったです。

>園田氏の作劇上のこだわりというか、手癖みたいなモンだったんじゃないかと思えます。
>「主人公の苦悩」のバリエーションなさすぎじゃないですかね。

 思いつかないのに加え、本人がこのパターン好きなんでしょうね。園田氏的には、「どん底まで落ち込み、そして再び這い上がる」のが主人公であり、主人公が苦悩するならこうあるべき……と思い込んでるんでしょう。
 で、本人のもう一つの手癖「一度思い込んだら、他の方法は受け付けない」ってのも、バリエの無さの原因だったりして。

>もしかしたら、ラバレのアニスはあくまで「ラバレ専用のアニス」であり、自分が思い入れて描いてきたアニスではない。と一線を引く意図が園田氏にあったのではないか

 アニスに関しても、園田氏の中では根岸監督のアニス像と異なるものだったわけですしね。
劇中に登場したのは「演技」「ラバレ専用のアニス」だったというのは、目から鱗です。そもそも、りょあに否定派だったはずの園田氏が、りょあにがくっつくラバレのホン書くわけですし。何が何でも実際は違う!と本心では言いたかったでしょうし。

 カセットブックなどでは、ギャグという言い訳と、番外編という言い訳があるから、ああやって「アニスはリョウを殴り飛ばす性格で、リョウの事は好きじゃない」って園田氏自身の秘めたる主張を実現できたのでしょうが。シリアスかつ、劇中の後日談であるラバレではそれができない。ゆえに、あくまでアニスは演じているのみで、事実は異なる。そういう自分の欲求を通すための、自分なりの落としどころ……のつもりだったのかも。

>小説版の発売をぺろっと告知してましたが、結局出なかったのはどういう事情なんでしょうね。

 菊池氏のスケジュール問題も当然あったとは思いますが、やはり、

>ラバレは剣狼シリーズと違い、園田氏の存在はさほど重要ではなく、誰が脚本を担当しようがファンの評価は変わらなかったと断言できる点です。

 こっちの方が大きな理由である気がします。
 ムック他、関連書籍がほぼ全く出版されなかった事からして、TV放送当時から、文芸関連に関してはボーグマンは全く無視されていた。唯一評価されていたのは「菊池氏の作画とキャラ」であり、それ以外はどうでもいい。
 ラバレにてその事が色々と証明された事に加え、内容的にも正直、大したものでなく売れそうにないクオリティだった。何よりボーグマン自体、一部にしか人気のないコンテンツで、ラバレの時点でほぼ消えかけ。
 出版社側も、そんなものを出版などできるか……と判断し、結果出版は立ち消えに、と。

 いっそ、菊池氏が麻宮氏の名義で、ボーグマンの何らかの作品を出した方が、売れると判断されてたかもしれません。
 NTのマンガのような単発ではなく、コミックス一冊分くらいのボリュームで、「菊池(麻宮)氏によるボーグマン外伝」みたいなのを。
 まー、スケジュール他、色々な意味で実現はまず不可能だったとは思いますが。それでもこういう妄想くらいはしたいものです。


>ただ「レイナVSアニス」が園田氏主導で実現していたら、その後のボーグマンの在り方やリョウとアニスの関係は大きく変わっていたんじゃないかと思います。

 それはそれで興味深いですが、あまり良いイメージも浮かんでこないですねえ。
 全部「演技」で通して、めっさヒドイ事をアニスやレイナにさせる園田氏、みたいな事ばっか思いつくのはなぜ。

 それでは。
 いきなりの寒波、どうかお風邪など引かぬようご自愛くださいませ。
Posted by 塩田多弾砲 at 2020年12月30日 13:29
>塩田多弾砲様

>なぜか周囲を遠ざけ、一人殻に閉じこもり、ウジウジと悩みまくる

超者の飛翔君が廃人になった描写はもっと酷かったのと、ラバレFCのインタビューでの「苦悩の定義」からして、園田氏的には「苦悩とはそういうもの」だったのでしょう。岸間&会川氏だったら「リョウの苦悩」をもっと違う解釈で描いたと思いますが。今まで「村山監督の要望ありき」で園田氏がシナリオを起こしたと信じてましたが、再考察の過程で、TVシリーズで複数回、ラストバトルでも演出を手掛けた村山監督が、本当にこういうリョウを良しとしていたのか、今更ながら疑問が膨らんできました。制作の都合上、園田氏の意向を飲まざるを得なかった可能性を見過ごせないというか。

>「どん底まで落ち込み、そして再び這い上がる」のが主人公

ロム兄さんや飛翔君なら、園田氏主導のキャラメイクで成立した主人公なのでこれもアリだったと思います(それでも飛翔君は酷すぎましたけど)。しかし根岸監督や他ライターの意向で肉付けが施された「響リョウ」を園田氏のテンプレートにはめ込んでしまったせいで、違和感が浮き上がったんではないかと。園田氏的には「リョウの解釈が間違ってるのはオレじゃない、根岸監督や他スタッフの方だ!(ルル山さん自重)」でラバレのリョウこそ「シン・響リョウ」としていたのか、モチベがなくなっていて仕事のひとつとしてさっくり書き流したのかのどっちかだと思います。

>あくまでアニスは演じているのみで、事実は異なる。

ライトニングトラップの小説のあとがきで(園田氏の中では)「アニスは女優」と断言していたので、本当は剣狼1のようなEDにしたかったかも知れないですね。また別の機会で書くかも知れませんが、「女優」という逃げ道があれば、園田氏が構想していた「アニス第二のレイナ計画」を押し通しやすくなったし、その構想の内にあったと思われる「ぼくのかんがえたスーパーイケメン(=自分)とアニスのすっごいロマンス」を書いたとして、ファンから反発されたら「あれは演技だから」で押し切れますし。裏を返せば、それだけ根岸監督主導でキャラメイクされたアニスに抵抗があったと云えますね。

>大したものでなく売れそうにないクオリティ

擁護する訳でなく、出来は関係ないと思いますん。富士見にはリアルバウトハイスクールとかまぶらほとか、挿絵「だけ」で人気取った作品ありますし。ヒキコモリの妄想(良く云えばなろうの遥か先を行っていた)に終始したリアルバウトに比べたら、園田氏はまだまともな小説書いてたと、ファンブックの制作等で関わった人間として断言できます。
しかし、ある程度ヒットを見込めたラバレに便乗しなかった辺りに、園田氏のモチベの低さが窺えますね。リョウの苦悩やアニスの想いの補完もさることながら、園田氏解釈の最終回を(回想の形で)発表することもできたと思うし、それはそれで見てみたかったので残念。

FXの情報ありがとうございました。リンク先の双葉ちゃんの画像であっ…!(思い出し)となりました。彼女のことは可愛いと思った記憶がうっすらあるので、たぶん見てました。ただ園田氏が関わっていたのはまったく知らなかったので、流し見程度だったんだろうと思いますヽ(´ー`)ノ
超者といい、どうも園田氏は(先入観を理由に)オリジナルに触れずにリメイクものをやりたがる傾向にあったようですね。そのスタイルを否定する気はありませんが(実際超者は面白かったので)、偉大な原作者に対する最低限の礼儀と仁義は通した方が良かったよねと、余計なお世話な感想は抱いてしまいます。
実際の場面を見てないのでいい加減なことを云いますが、ジャイアントロボみたいなガワがぱっくり割れて鉄人が! はオマージュ&ファンサービスのつもりで真面目にやったんじゃないですかねえ。しかしメカデザイン、あんまりオリジナルの踏襲を感じられなかったんですがスポンサーの要望だったんですかね。
関係ないんですが、御大のインタビューの「鉄人は操縦者次第で悪にも善にもなる存在(意訳)」には溜息が出ました。深いお言葉ですね…。
Posted by はらよしかず at 2021年01月08日 21:36
>はらよしかず様

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 
>園田氏的には「苦悩とはそういうもの」だったのでしょう。岸間&会川氏だったら「リョウの苦悩」をもっと違う解釈で描いたと思いますが。

>村山監督が、本当にこういうリョウを良しとしていたのか、今更ながら疑問が膨らんできました。

 そう聞くと、園田氏は本当に、一つのやり方、一つのテンプレしか「よしとしない、認めない、作らない」作風の人なんだなと、改めて認識です。
 しかし、「苦悩」ったって、ウジウジ悩むだけが苦悩じゃあなかろうに。悩みを内に抱えず、何かを行う事でそれを解消するとか、他者と交流して、その悩みを解決するように試みるとか、人によって苦悩の受け止め方と、その解決の仕方は異なるもの。どうにも園田氏は、そういう思考や視点がが欠けてるんだよなあ。

>しかし根岸監督や他ライターの意向で肉付けが施された「響リョウ」を園田氏のテンプレートにはめ込んでしまったせいで、違和感が浮き上がったんではないかと。

 リョウは、園田氏を離れて監督や他ライターにより、成長し、その存在を確定したキャラ。
 しかし園田氏は、そのあたりを理解できなかったか、理解しても認めたくなかったんでしょうかね。
 そうでも考えないと、違和感の理由が説明つかないですし。

>園田氏的には「リョウの解釈が間違ってるのはオレじゃない、根岸監督や他スタッフの方だ!」

>モチベがなくなっていて仕事のひとつとしてさっくり書き流したのか

 もしくは、その両方だったりして。
「オレが(文芸面で)キャラを産み出した。故にオレの解釈が正しいし、他スタッフはそれを理解してない。正しいのはオレだ」
「しかし、正直もうやる気は無い。今更レイナみたいに単体でアレコレできないし」
 などと考えた結果……だったらやだなあ。

 しかし、園田氏がアニスを女優扱いするのも、正直「自分の思い通りに愛玩するため」の手段にしか思えんなあ。いわゆる「スターシステム」のつもりだったのかもしれないけど、「自分の都合よく動かせる言い訳」として、女優扱いしてるようにしか思えん。

>擁護する訳でなく、出来は関係ないと思いますん。
>ある程度ヒットを見込めたラバレに便乗しなかった辺りに、園田氏のモチベの低さが窺えますね。

 小説の出来でないとすると、やはりモチベの低さがネックだったのか。
 ただ、菊池氏の挿絵が実現しなかったとしても、どうにもこの人だったら、あの最終回もあまり良い解釈しなかったような気がします。どんなふうに受け止めてたのかは、自分もちょっと興味がありますけど。怖いもの見たさな感じで。


>どうも園田氏は(先入観を理由に)オリジナルに触れずにリメイクものをやりたがる傾向にあったようですね。

>偉大な原作者に対する最低限の礼儀と仁義は通した方が良かったよねと

 ですね、まさにそれです。

 確かに、元作品知らずにリメイクした場合。共通するのは名前だけで、中身は全く別物なれど、「これはこれで」と魅力を感じさせる作品を作れはしますし、そこから新たな作品が生じるのもまた事実。

 しかし、それは一種の博打であり、元作品を知ってる人に対しては期待外れになる事も事実であり、ある意味斬り捨てる事と同等。そのリスクを知ったうえで、園田氏はオリジナルに触れずにリメイクを実行している……とは思えんのですよね。

 むしろ、園田氏の先入観云々な言い訳は、

「オリジナルを知る時間も惜しいし、そこからテーマやらなにやらを学び理解するのは面倒だ」
「ざっくりと概要を知ればいい。リメイクなんだからあとは自分の解釈でやらせてもらう」

 ……ってな意図を、自分は感じてしまいます。
 しかもそれが、「鉄人28号」という超がつくほどの偉大な作品であってもお構いなし。そして、その事を無礼とも思っていない。

 これは、たとえば。
 とある海外の料理人が、和食や寿司をろくに知らず、ちゃんと学ぼうともしない。聞きかじった程度の知識で、ドラゴンロールのような珍妙な寿司モドキを作り、それが寿司を知らない層に結構ウケてしまった。
 そこからその料理人は「オレの作るスシは、日本のスシに匹敵する。日本の伝統の寿司? 知るか、オレ最高」みたいに鼻高々で、寿司の事を理解などしてないのに、本人はしてるつもり。

 自分にとっては、園田氏のやってる事って、この料理人みたいな感じなんですよね。
 実際、超者はともかく、FXは鉄人および横山作品が好きな層からは、あまりいい言葉を聞きません。


>ジャイアントロボみたいなガワがぱっくり割れて鉄人が! はオマージュ&ファンサービスのつもりで真面目にやったんじゃないですかねえ。

 どうでしょうねえ。ただ、あれがもしオマージュだとしたら、「センスないなあ」としか思えんです。見ようによっては、ジャイアントロボよりFXの方が優れてる……とでも言いたいのかと思っちゃいますし。

>しかしメカデザイン、あんまりオリジナルの踏襲を感じられなかったんですがスポンサーの要望だったんですかね。

 アレンジを効かせ過ぎてて、元デザインのシンプルさが完全に失われてしまってますしね。オックスなんかは、変形機能・体内にコックピット・シルエットも完全に別物……と、原型とどめてませんし。

 これでも、横山氏のテーマを継承して、新たな鉄人として描いてるならまだしも、そちらも失われてしまってる。これでは、最低のお言葉を原作者から頂いても致し方ないかと。

 それでは、今年もまたこんな感じで長文を語ってしまうかと思いますが、どうかよろしくお願いします。
Posted by 塩田多弾砲 at 2021年01月09日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。